読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼっちヅカファンゆっこの遠征記録

中部地方に住む宝塚ファンの観劇日誌です。

NOBUNAGA-下天の夢-をみてきました!

観劇

こんにちは。

 

先日、「NOBUNAGA-下天の夢-」を見てきました。月組トップスター龍真咲さんの退団公演です。

 

んー、話が少し難しかったかなあという印象を受けました。あと、個人的な話なのですが私日本史が苦手で。。。登場人物が一度では把握しきれませんでした(;´・ω・)ちなみに、私は愛知県に越してきてはじめて、信長・秀吉・家康が愛知県出身ということを知ったくらい無知なのです。。(*ノωノ)また、観劇当日は寝不足だったこともあり、マチソワをしながらも、理解できなかった場面が残ってしまいました。。観劇前には十分な予習と睡眠をとらなければですね。。公式HPの人物相関図をご覧になってから観劇なさることをお勧めします。

 

ですが、感想を書いてしまいます(笑)!ネタバレな感想でも読んでくださる方は読み進めていただければ嬉しいです。お話の流れに自信がないのでかいつまんだ簡単な感想を書きます。 

 

・ロックミュージカル

最初に和物でロックときいたとき、少し不安に感じたりもしていたのですが、かっこいいマッチングだったと思います!最初の美弥るりかさんが下級生引き連れて踊るシーンがかっこよかったです!普通の和物ではなく、ロックという変化球を投げてくるところが龍さんの退団公演らしいと思いました。

 

・印象に残った場面

やはり、最後の場面です。信長が、珠城りょうさん演じるロルテスに「まだやり残したことがあるだろう、暴れてこい」といったニュアンスのことを言う場面が印象的でした。あと、最後に龍がかかれた帆が開いて信長がラストセリフをいう場面もです。帆が一気に開く演出は圧巻でした。退団公演で、龍さんの宝塚男役には終わりが来ますが、これで終わりではない、まだまだ続くのだ、ということを示してくれる場面だったと思います。

普通のお芝居でしたら、何気なく見てしまう場面ですが、退団公演ということを意識してみると感慨深くなりますね。また、ラストのほうで信長がうたう曲の歌詞も、龍さんのキャラクターを象徴しているようで素敵だなと思いました。

 

・役について

まず、龍さんには信長の役があっているなと思いました。どちらも自由奔放で型にはまらないような方というイメージを持っているのですが、本当に龍さんに信長の役があっているように見えました!

他にも、愛希れいかさんの帰蝶の役もよかったです。帰蝶という女性の芯の強さが伝わってきました。ですが、個人的には、トップコンビの絡みがもう少しあったらうれしかったかなと思います。

また、ほかに印象的だったのは、足利義昭を演じた沙央くらまさん。将軍のちょっとへなちょこ?な感じがキャラに個性がついていてよかったと思います。この方の演技のおかげで足利義昭が憎めないキャラになったのだと思います。

 

・そのほか 

他にも、朝美絢さん演じる妻木もかわいかった(何気に一番楽しみにしていました(笑))ですし、象ののりものも印象的でした。私は歴史に疎いので、信長に黒人の家臣がいたことなども知り勉強になりました。

 

冒頭に話が難しかったと書いてしまいましたが、やはり私の観劇コンディションが良くなかったのが一番の原因だと思います(>_<)もっときちんとした感想が書きたかったです。ですが、楽しく見られましたし、歴史好きの方ならもっと楽しめるのではないかなと思いました。

 

Forever LOVE!!の感想は次記事に書かせていただきます。