ぼっちヅカファンの遠征記録

田舎のボロアパートから観劇(主に宝塚)の感想を書いています。

真彩希帆さんミュージックサロン「La Voile」ライブ配信感想

真彩希帆さんのミューサロ「La Voile」のソワレ配信をみました。

 

真彩ちゃんの歌のうまさ、かわいさ、芝居心などはもう語りつくされていることと思いますが、本当に素晴らしかったです!コロナ禍で彩のない毎日を送っていたので、本当に癒されました。 

 

内容はまさに真彩ちゃんの宝塚人生をなぞっていくような選曲で盛沢山でした。(松島音頭とか笑)

そして、私のために選曲したの?!(違う)と思うくらいセトリが神でした!

 

特に印象に残ったのは

エリザベートのマダムヴォルフのコレクション

・Guys and DollsのA BUSHEL AND A PECK(山盛り大好き♪の曲)

新人公演で歌った曲ですね。マダムヴォルフの曲は衣装も寄せていて素敵でした。

 

・泥棒紳士

少女漫画の世界観!

真彩ちゃんの腕時計を外すときのあやなちゃんがかっこよかったです。。(*ノωノ)

 

・あごで受けなさい

 個人的にミーマイの中で一番好きな曲。真彩ちゃんが歌ってくれてうれしかったな。そして笑顔が可愛かった(*'▽')

 

・愛していれば分かりあえる

・ダンスはやめられない

 これはみんなが見たかった奴じゃない?!退団したらモーツァルト!出てくれないかなー。

 

・いのちの歌

 知ってたけど声が良い。。透き通るような歌声に素敵な歌詞で染み渡りました。そしてこのご時世にこの曲を選んでくれたこと、感激しました。

 

・My ever lasting dream

 アンコールが書下ろし曲でしかも真彩ちゃん作詞とはびっくり!

 幼少期から宝塚を夢見て頑張ってきた軌跡、周囲の方への感謝などが歌詞に込められていていました。歌詞の良さと同時に、この曲は宝塚人生の総括であって、卒業の日が近いことを改めて感じました。

 

 

コロナ禍があけても、ディナーショーやミューサロのライブ配信は続けてほしいなと思います。やっぱりディナーショーって金銭的にも精神的にもハードルが高いと思うし、ライブ配信は受容あると思うのよね。スカステに入っているとみられるらしいけど、皆が皆、加入しているわけではないし。なにより、こんな素敵なショーなのに限られた人しか見られないなんてもったいない!笑

 

今回、配信をみていつかディナーショーに行ってみたいという思いが強くなりました。ステージの近くに客席が用意してあったのですが、あんなに近くで好きな人の歌を聴けるなんて素敵じゃない?(まぁ、チケットが取れるかは別ですが。。)

 

 

大人になって見方が変わる事【千と千尋の神隠し】

演劇感想ブログですが、映画の感想も書かせていただきます。。

 

最近、遠出ができず、映画館でジブリの再上映に足を運んでいる。

 この一か月くらいかけて、

もののけ姫ナウシカ千と千尋の神隠し

とみて、どれも一度は見たはず(特にもののけ姫は大好きで何度も見ている)なのに、作品のすばらしさに震えている。

 

つい最近は「千と千尋の神隠し」を見てきたので感想を書きます。

最後に見たのは小学生高学年ぐらいの時で、そのときはあまり印象に残らず、どちらかというとカオナシが暴れるシーン等が怖かった記憶があった。あと冒頭のパパとママがブタになるシーンが怖かった…

 

ですが、今回映画館で見て、

 

もう、すごい泣いた。

なぜこの作品の良さに気づかなかったのか自分!!

(みなさんは既にご存知だと思うし、語りつくされていることだとは思いますが。。)

 

ていうか、千尋めっちゃいい子やん!

冒頭のシーンで不機嫌なのでいい子のイメージがなかった。。自分が10歳の時はあんなに周囲に思いやりがなかった(今もですが)し、劇中でどんどんたくましくなっていくのがすごい。。

 

そして、油屋の人たちが親切なこと!

小さいときに見た時は、油屋の人たちは怖いイメージがあったけれども、窯爺もリンさんも口は少々悪いが親切で面倒みがいい。モブもわちゃわちゃしていて活気がある。むしろ羨ましい職場の雰囲気。

湯婆婆も口は悪いけれど、カオナシが暴れた時に手を貸したりなどいい面もある。

お客の神様たちも、オクサレサマが帰っていく場面で一緒によろこんでいたりとかわいい笑(ちなみに私の推しはオオトリさま)

 

そして、最後の千尋とハクがまた会えることを誓い合って別れていくシーンが切ない。

ハクの手から千尋の手が離れていって、名残惜しそうにハクの手がフェードアウトしていくシーン。

そのあとハクは湯婆婆との約束通り八つ裂きにされたのではないかという推測がネットに書いてあったけど、私はそう思わないな。

私はなんだかんだで湯婆婆はそこまでの悪人ではないと思うし、名前(自分の本質)を忘れないことがこの作品の要ではないかと思うから。

千尋は、千になりかけたこともあったけど自分の名前を忘れずにいたし、湯屋の人たちがカオナシの砂金に群がっていても「両親を人間に戻して町に戻る」という信念を貫いて拒否した。

ハクも自分の名前を思い出し、「魔法使いの弟子をやめて千尋に会いに行く」という信念を得たので、きっとうまくいくのではないかと思う(私の願望ですが)

 

 

私が初めて「千と千尋」を見た時は千尋と同じくらいの年だったと思うけれど、そのときは「行きの電車はあるけど戻ってこれない場所」が死の暗喩であることや、劇中の「起きたことは思い出せないだけで忘れていない」の言葉の重みに気づくことはできなかった。

 

私のようにあまりに小さいときにジブリ作品を見たために、作品の良さを十分に享受できない人は多いのではないかと思う。もちろん、大人になってから見直しても良いのだが、厄介なことに結末だけは覚えていたりして、新鮮味が薄れてしまうのだ。

 

あと大人になってから見て、背景と音楽の素晴らしさを改めて感じた。もののけ姫などは背景に鳥が飛んでいたりなどこだわりの高さを感じさせる。もう、絵と音楽の美しさだけで泣きそう。。

 

今回のジブリ再上映で、作品の素晴らしさに気づくことができてよかった。他のジブリ作品も機会があったら見直してみたい。実家にはジブリの録画があるはずだから、自粛があけて久しぶりに実家に帰ったら見返したいな。

宝塚歌劇106期生文化祭 感想


f:id:gekko638:20200224151328j:image

なんと、この度、宝塚の文化祭のチケットを手に入れ、観劇してきました!ありがとう友の会。初文化祭、初バウホールです。

 

今回は、転売対策もあってか、入場にはチケットの他に友の会の会員証が必要だという旨が観劇前に連絡されました。そのせいか、空席がちらほらあり、せっかくの文化祭なのにもったいないと思ってしまいました(´・ω・`)

 

私は23日16時~の回だったため、午前中は星組を観劇していました。幕間休憩で改札外に出ると予科生がパンフを売っていました。もちろん買います。生徒紹介のページを見ると美人ぞろいでは?!個人的には地方から出てきた生徒を応援したくなります( *´艸`)

 

文化祭は3部構成で、上演時間は休憩含めて2時間半ほどです。

1部は歌、2部は芝居、3部はダンスです。日本舞踊からタップダンス、ジャズダンスまで幅広いパフォーマンスを見ることができます。日本で一番ハイレベルな文化祭なのでは?!

また、開演前に携帯電話の電源を切るように予科生の方々が客席に呼び掛けているのですが、看板の上げ下げや方向転換などが軍隊のようにそろっていて、感動しました←

 

1幕はおなじみの濃緑の袴を着ての日本舞踊。その時にソロを歌っていた娘役さんがとてもお上手で!顔も可愛い(*'ω'*)そのあと注目していたのですが、他の場面でも目立つ場所にいましたね。成績上位なのでしょうか?あとお上手だなと思ったのはトゥーランドット誰も寝てはならぬを歌っていた男役さん。若いのに堂々としていて素敵でした。

また本科生全員での「この愛よ永遠に」では、胸がいっぱいになって泣きそうになってしまいました。本科生の若さとキラキラに当てられました。。

 

2幕は演劇。私が拝見したのはB組。俳優志望の若者がミュージカルのオーディションを受ける話です。文化祭とはいえさすが宝塚で衣装が豪華でした。少しコメディ気味で短いながらにお話もきれいにまとまっていて面白かったです。

 

3幕はダンス。特に印象に残ったのはタップダンスです。動きがそろっていてほんとうに素敵でした。また最後の本科生全員がそろってのゴスペル風?のダンスは圧巻でした。私が生徒の親だったら号泣していた事でしょう。。

 

パンフレットでは本名で五十音順に掲載されていましたが、初舞台公演では芸名で成績順に掲載されます。トップになる人もいるでしょうし、すぐにやめてしまう人もいるかもしれません。今いい場面をもらっている人がスターになるとも限らず逆もまた然りなことをわかっています。だからこそ、全員がそろって夢に向かって輝いている一瞬が切なくまた大事に思えるのかもしれません。

 

あー、いいものを見せていただきました。今回初めて文化祭を観劇したので、106期生は私にとって特別な期になりそうです。

 

友の会さま、またチケットをよろしくお願いします。 

 

ダンスオブヴァンパイア@御園座 感想

久しぶりに観劇感想を書きます。

 

感想を書くのは怠っていましたが、その間にポーの一族をSS席で見られたり、素晴らしい雪組ファントムを見られたり、明日海りおさんの退団を見送ったりなど他にもたくさん素晴らしい観劇体験をしました。

 

やはりせっかく素晴らしい舞台を見ているのだから感想を残しておきたいなと思い、再開しようと思います。

 

先日みた、ダンスオブヴァンパイア。
f:id:gekko638:20191221224656j:image

写真の中央に山口祐一郎さんのサインがあります。

f:id:gekko638:20191221224650j:image
f:id:gekko638:20191221224704j:image

もう、これがとても楽しかったです!

 

王道のミュージカルとは少し違うロック風の音楽にテンポが良いストーリー展開。他にも客席降りの演出や、アドリブ、クコールの幕間ライブなど趣向が凝らされていて面白かったです。

 

観劇前は怖いものかと思っていたヴァンパイア。ですがフィナーレでかっこよく踊るヴァンパイアを見ているとむしろ仲間に入れてほしくなる。劇中でヴァンパイアになった人たちもむしろ良かったのではと思えてしまいます。

 

そしてキャスト。

山口祐一郎さんのクロロック伯爵は、冷徹そうに見えながら美しかった。。声量が素晴らしかったです。

サラ役の神田沙也加さんは安定の上手さと可愛さ!!歌う時のセリフが明確で聞き取りやすい。特にアルフレートにスポンジを取りに行かせている間に家から伯爵の城へ走っていく場面が可愛すぎた。。

ルフレート役の東啓介さんは、、大きい!!(187㎝らしい)サラと並んだ時の身長差笑。かっこいいのにヴァンパイアに杭が打てなかったりヘタレなところも良き。。

他に印象に残ったのはマグダ役の大塚千弘さん。歌がめちゃうまだった。。

 

コメディだとは知らなかったので想定外なところも多くあり、もう一度見返したら色々発見があるのかなと思いました。

次に観劇する時は赤いハンカチをもっていこう。

月組ラインアップ発表(愛希れいかさんの退団発表など)

月組トップ娘役の愛希れいかさんが退団発表をされました。

 

退団会見のニュースも読みました。ワンピース素敵(*´ω`)

 

確かに任期としては、いつお辞めになってもおかしくはなかったかもしれません。ですが、ちゃぴさんは観劇するたびに脱帽なパフォーマンスをされていて。。

 

ちゃぴさんが走り続けるのをずっと見ていたかったという気持ちが強かったので退団は残念です。

 

でもでも、退団公演の「エリザベート」って合わなくないですか??

 

ちゃぴさんのエリザベートは見るまでもなく圧巻でしょうけれども、珠城さんのトート閣下ってイメージと違う。。。たま様はもっと健康的な役が似合うのではないでしょうか。All for Oneのダルタニアンとか良かったと思います!

 

でも宙組の時も「まぁ様がトート閣下?!」と思っていたのですが、実際のトート閣下は素晴らしかったので、たま様もキメてこられるのかもしれませんね。

 

ついでに言えば番手をそのまま当てはめれば

美弥るりかさん→フランツ

月城かなとさん→ルキー二

なのでしょうけれども、これも個人的にしっくりこない。。でもきっと素晴らしい舞台になるのでしょうね。

 

ルドルフは暁千星さんかな?これは似合いそう!蓮つかささんとかも似合いそう!

 

などなど、超チケ難でしょうけれども、妄想が止まりません笑

 

 

○エリザ前の別箱も発表されました。

 

・たま様チームは「雨に唄えば」。

私、原作のDVD見たことあります!でも話忘れました←

宝塚でも公演されていたんですね。知りませんでした。

このチームでたま様の相手役になる人が次のトップ娘役なのでしょうね。

早乙女わかばさんが退団発表されたのはこれの布石だったのかも。

 

れいこさんチームは「THE LAST PARTY」。

れいこさん主演!!おめでたいです!!

これも再演ものなんですね。「華麗なるギャツビー」の作者のお話みたいです。

 

・ちゃぴさんチームは「愛聖女ーSainte♡d’Amour-」

サントダムールと読むみたいです。斎藤先生なんて面白そう!!

 

ってちゃぴさん娘役なのに主演!!すごい!!

 

毎回ちゃぴさんの実力に驚かされ、その実力故になしとげてこられた功績に驚かされます。

 

「All for One」でちゃぴさんがルイ14世を演じられたとき、「ディズニーのプリンセスが多様化している様に、様々な役をしたい。こんな娘役もいるんだというように思ってほしい。」といったニュアンスのことを何かの記事で仰っていました。その言葉を有言実行されて、さまざまな偉業をなされています。

 

本当にちゃぴさんはすごい!!期待をいい意味でどんどん裏切ってくれるちゃぴさん。最後の日まで驚かせ続けてほしいです!

 

残りの日々が充実したものになりますように!

2017観劇ふりかえり

今年の観劇をまとめてみます。赤裸々に行きます!

題名間違えてたらごめんなさい💦

 

宝塚歌劇団

「雪華抄」「金色の砂漠」 東宝1

「グランドホテル」「カルーセル輪舞曲」 ムラ1 東宝

「星逢一夜」「Greatest HITS!」 中日1

「王妃の館」「VIVA! FESTA!」 ムラ2 ライビュ1

「仮面のロマネスク」「EXCITER!!2017」 静岡市民文化会館1

「スカーレットピンパーネル」 ムラ1

幕末太陽傳」「Dramatic "S"」 ムラ2

邪馬台国の風」「Sante!!」 ムラ1 東宝

「All for One」 ムラ1

阿弖流為」梅芸DC1

「オーム・シャンティ・オーム」梅芸メインホール1 

「CAPTAIN NEMO」 梅芸DC1

「神々の土地」「クラシカルビジュー」ムラ2 ライビュ1

琥珀色の雨にぬれて」「”D”ramatic S」 愛知県芸術劇場1  

「べルリン、わが愛」「Bouquet de TAKARAZUKA」ムラ 1 

ひかりふる路」「SUPER VOYAGER!」 ムラ1

鳳凰伝」「CRYSTAL TAKARAZUKA」 梅芸メインホール1

タカラヅカスぺシャル2017 ジュテーム・レビュー」 ライビュ1

 

→これを書くために、ためていた半券をひっくり返したのですが、量が多くてビビりました(;´∀`)

 意外と観劇していますが、大劇場公演は7割ぐらいは立ち見です!!💦💦

 今まで東宝は当日券とるのが難しいと思っていたのですが、意外と取れるということに気づいてしまったのが、東宝での観劇を増やした原因です笑

 あと大阪に行く予定が重なったので、”ついで観劇”したのも要因ですね。

 

 他に、宝塚関連の今年のニュースはお茶会に初めて参加したことでしょうか。好きなジェンヌさんをさらに好きになってしまうという恐ろしいイベントでした。。とても楽しいお茶会で、スタッフの方々には感謝しかありません。

 

 

◎その他

水樹奈々 「LIVE ZIPANGU」 日本ガイシホール

OSK日本歌劇団 「レビュー春のおどり」 松竹座1

「不思議の国のハローキティ」 サンリオピューロランド1

東宝 「ビューティフル」 帝国劇場1

 

→今年は松竹座&サンリオピューロランドデビューを果たしました!サンリオピューロランドは初めて行ったのですがとても楽しかったです!個人的には完全屋内型で

天候に左右されずに遊べることと、中のレストラン等の物価が比較的良心的なところが好きです。「不思議の~」を抜きにしてもおすすめです!!

 

あと、感想は書きそびれてしまったのですが帝国劇場にて「ビューティフル」を観劇しました。もちろん水樹奈々さんが主演の回です!やはり圧巻で素晴らしい歌声でした!好き!!(/ω\)(/ω\)あと、宝塚とは異なり本当にキスするので驚いてしまいました。(←感想それかよ)

 

 

今年もたくさん観劇ができて幸せな一年でした。いつまでこのように遊び続けられるかはわからないので、来年も楽しめる限りは楽しみたいなと思います(*´ω`)

タカスぺ2017ライブビューイング感想

遅くなりましたが、タカスぺ2017のライブビューイングの感想を書きます。

 

私が見たのはソワレの回です。できたばかりの赤池ライムツリーで鑑賞しました。初めて行ったのですが出来立てできれいなショッピングモールでした(*´ω`)
f:id:gekko638:20171227235704j:image

 今回のタカスぺの題名すごいですよね。ジュテーム・レビューですよ?!ですが観劇してみるとその名にふさわしくシャンソンやフランスにまつわる曲が盛りだくさんでした!

 

タカスぺって楽しいのですが感想は書きにくいですよね。。。雑多にですが印象に残った場面について書きます!

 

一幕

・各組のコーナー

毎年恒例の各組の公演曲を歌い継ぐコーナーです。シャンソンも交えながらの進行でした。

 

花組の「雪華抄」や雪組の「New Wave!!」をしていたころはまだ今年だったのですね~。はるか昔のことのように感じます。。「雪華抄」は前花組トップ娘役の花乃まりあさんの退団公演でしたね。花乃ちゃんお元気かしら(´・ω・`)

 

宙組はトップさんが変わったばかりなので、シャンソンが多めでした。真風さんが中心になって「クラシカルビジュー」を歌っていらっしゃるのを見るとトップさんが交代したのだなとしみじみ感じます。あと芹香斗亜さんが宙組として出演されていて、もう宙組生でいらっしゃるんだなと感じました。

 

他にも「はいからさんが通る」や「Arkadia」など見に行くことができなかった公演の曲も聞くことができてよかったです(*^^*)

 

 

・シャッフルデュエット

備忘録として組み合わせと曲を書きますね。全てフランス関連の選曲でした。

真風涼帆×愛希れいか Home 

愛希さん役作りなさっていたのかな。いつもより初々しい感じでした。

 

望海風斗×仙名彩世 あなたがいるから

どのシャッフルコンビもお似合いでしたが、個人的に一番お似合いだと思いました。お二人とも大人っぽくてアクが強い感じだからかな?濃厚なデュエットでしたね(; ・`д・´)欲を言えば、せっかくのタカスぺなので、ゆきちゃんにゆかりのある仮面のロマネスクの曲でなくてもよかったかも。

 

珠城りょう×真彩希帆 パリの空より高く

前コンビに比べてフレッシュな印象を感じました。健康的ですね!笑

 

明日海りお×星風まどか アデュー・マルセイユ

こちらもお似合いでした!

 

二幕

トーク

明日海さん進行でゆるっとしたトークです(*´ω`)

一幕のトークに引き続きたま様がいじられていました。(一幕はフランス旅行経験の有無、二幕はエリザベート出演経験の有無)たま様いじられキャラなのね。。!!

 

客席参加のコーナー

指名されたお客さんと壇上のジェンヌさんが宝塚のお芝居の一場面をするという新コーナーです。掛け合いをするお客さんはレポーターの彩風咲奈さんが客席に降りて行って直接指名します。お客さんが掛け合うのは望海風斗さんです。今回の題材はエリザベートの「死ねばいい!」の場面。

 

そして、このお客さんがお芝居お上手で!私はこういうの指名されてもあがってしまって上手くできないタイプなので尊敬しました。関西人のノリなのかしら←偏見

 

ちなみにお客さんがシシィ、望海さんがトート閣下だったのですが、望海さんはシシィ・トート閣下の両方を練習してきていたそうです。一幕で台湾・香港のお客さんに向けて中国語であいさつされた際も中国語の練習を頑張ったとおっしゃっていました。望海さんのそんなところが好き!(/ω\)(/ω\)そして望海さんの「死ねばいい」の表情がたまりません!!←

 

フランスの曲歌い継ぎ

イケメンと美女がどんどん出てきて歌い継ぐので見ている方は忙しいです~(>_<)こういうのって楽しいんですけど生徒さんたちの序列がにじみ見えてしまう。。

 

印象に残ったのは純矢ちとせさんが一場面もらっていたことです。せーこさんお上手ですし、ご活躍嬉しいです!

  

パレード 

娘役さんは就任順で降りてくるのに男役さんは学年順なのですね。

 

 

どの場面も楽しくて、素敵なヅカ納めでした!(*´ω`)