ぼっちヅカファンゆっこの遠征記録

中部地方に住む宝塚ファンの観劇日誌です。

2016年で印象に残った宝塚レビュー3選

こんにちはヾ(●゚ⅴ゚)ノ

 

以前の記事で、今年の振り返りをしましたが、その中で特に楽しかったレビューを選んでみたいと思います!もちろん私の独断と偏見により選んでいます笑

 

(このブログを始めたのが5月のミーマイからなので、それ以前に観劇したお芝居やレビューについて感想を書きたいのです。。)

 

選んだ作品はこの中から選びました↓

 

gekko638.hatenablog.com

 

 

「GOLDEN JAZZ」

もー、楽しすぎでした!実はこの記事の最大の目的はGJが楽しかったと叫ぶことです笑(ここで選んだほかのレビューは感想をこのブログでしっかり描いていますしね。)おもちゃ箱をひっくり返したような楽しいプロローグからはじまり、アフリカンダンス、Sing sing sing、ミラージュ、GOD SONGなど見どころたくさんでした~!特にやっぱりプロローグが楽しすぎて楽しすぎて!あと、ある時の観劇では、客席おりで朝美絢さんが近くにいらっしゃったのですが、生声が聞けるほどの近さであまりのうれしさと緊張に寿命が縮みました(/ω\)この公演は、幸せなことにムラと合わせて3回も観劇することができたのですが、何度でも見たい作品でした!!まだタンバリンとってあるので再演希望です!笑

 

Forever LOVE!!」

月組率高いです笑。初日映像や制作発表会でのど派手なピンクの衣装や歌詞があまりに個性的だったので、あまり期待をしていなかったのですが、見事に予想を裏切られました(*´ω`)「愛」や「LOVE」といった単語を何度も繰り出してくるレビューなのですが、それでもダサく感じないのは宝塚の強みですよね。沙央くらまさんのソロの場面などがかっこよくて印象に残っています。あと、レビューの最後で黒燕尾をお召しになった龍さんのキラキラした笑顔が本当に素敵で(/ω\)龍さんは歌や演技が個性的で、私にとってはとても好きなジェンヌさんというわけではなかったのですが、あのキラキラしたオーラは唯一無二ですよね。最後に素敵な笑顔が見られてよかったです(*'▽')

 

「雪華抄」

先日観劇したばかりの作品です。日本物のレビューということで退屈なのではないかと観劇前は思っていましたが、全くそのようなことはなく夢中になって観劇しました。最初のチョンパでのジェンヌさんたちの麗しさは言葉では書ききれません!そのあとも日本物ならではの華やかなレビューで見ていてとても眼福でした(^^♪ほかに印象に残ったのは、波(というのでしょうか?)の場面です。イケメンたちが銀橋に次々と出てきて歌う場面です。もうイケメンすぎます(*ノωノ)1回しか見られなかったのが本当に残念です(´・ω・`)

 

 

選ぶのにかなり迷いました笑たくさん素敵な作品が見られて幸せです(*´ω`*)

 

宙組トップ娘役と次回演目の発表

こんにちは!

 

先日いろいろ宙組の発表がありましたね。

 

○実咲凛音さんの後任の宙組トップ娘役は”不在”だそうです。

 

いやーびっくりしてしまいました。9割がた伶美うららさんかと思っていたので!

 

月組などでもトップ娘役が不在の時期があったそうですけれど、なんだか寂しいですね。地味に「歌劇」の「コンビdeプロデュース」みたいなトップがコンビであることを前提とした企画がどうなるのかが気になります。。朝夏まなとさん(まぁさま)は誰と組むのでしょう??

 

でもトップ娘役が不在になるくらいなら実咲さんに残っていてほしかったと思ってしまいます(>_<)大人の事情もあるので仕方がなかったのでしょうけれど。。

 

 

○次回公演も発表されました。

 

バウホールは桜木みなとさん主演で正塚先生のタイムトラベルもの。桜木さん主演おめでとうございます~(^◇^)あらすじを読むととても楽しそう!まぁバウホールなので観には行けないのですが(・・;)

 

そしてもう一方は、まぁさまの斎藤先生によるライブショー「A Motion」。まぁさまが歌って踊ってって、これ絶対楽しそうです!!チケット取れたら行きたい~~!!

 

 

数日間、宙組の発表がないかとそわそわしていたのですが、発表されたらされたでいろいろ考えてしまいますね(;´・ω・)

タカスペライブ中継見てきました!

こんにちは!

 

宙組でいろいろと発表されましたが、下書きしていたこちらの記事をUPします。先日のタカスぺのライブ中継に行ってきました!初タカスペです!

 

f:id:gekko638:20161225230523j:image

 

で、久しぶりの宝塚だったからか、プロローグから泣いてしまいました。(最近、自分の生活で上手くいかない事が多くてですね、素敵な衣装を着てキラキラした笑顔のジェンヌさんたちを見ていたら涙が。。はぁ、宝塚は尊いです。)

 

そして、ジェンヌさんたちが客席降りしてきて、例の客席参加型のダンスになります。映画館だと踊りにくい雰囲気がありますが、前列の方のお客さんには踊っている方もいました。そうですよね、楽しまなきゃ損です!

 

プロローグの後は、轟さん含むトップさんたちのトークがあります。今回はパロディはなしとのこと!一度見てみたかったので残念です〜(>_<)

 

また、轟さん&トップさんが並んでいるのを見ると、珠城さんって大きな方だなと改めて思いました。トップになったばかりの紅さんと珠城さんですが、対照的な性格のお二人ですよね。お二人とも中継されている台湾と香港に向けて中国語で挨拶されていました。キメキメでかっこよかったです(≧▽≦)あと、トークで印象的だったのは朝夏さんと紅さんのお互いのあだ名です笑。まぁさまはぺらおくんで、紅さんはへらおくんだそうです笑

 

トーク後は、轟さんのリンカーンを筆頭に各組の一年の振り返りのコーナー。GOLDEN JAZZやホッタイなど歌われていてはやくも懐かしかったです(*´ω`*)月組星組では、前トップのパートを現トップが歌っていて時代の変遷を感じました。

 

他に1幕で印象に残ったのは、作曲家?の先生のメモリアルのコーナーです。先生の曲を専科の方が歌い継いでいくのですが、その時に男役さんと女装した95期の方々がダンスしているのです!ライビュだと、自分が見たいところを見られないので女装しているのが誰なのかを確認するのに必死になりすぎてしまい、歌の方に集中できませんでした笑みんな美人さんでした( *´艸`)

 

そして2幕は、エリザベート日本初演20周年記念のパートからスタート。最初に轟さんが♪キッチュを歌います。いやー、かっこよかったです!他にもトップ娘役さんたちが♪私だけにを歌い継いだり、真風さん&芹香さんの♪愛と死の輪舞、月組&星組のトップと2番手で♪闇が広がる、明日海さんと朝夏さんで♪最後のダンスなど、どのコーナーも素敵でした( *´艸`)

 

そして、エリザ記念のコーナーの後は、、あまり記憶がありません。。笑

 

見ているときは楽しかったのですが、知らない曲ばかりだったのであまり思い出せません(;・∀・)轟さんが♪モン巴里を歌っている時に、これ知ってる!と思ったらそのまま終わってしまいました。。教養がないもので(;´・ω・)

ですが印象に残ったのは、桜木みなとさん中心に、瀬央ゆりあさんと紫藤りゅうさん(?)が歌う場面です。桜木さんはいつもニコニコしているイメージの方なのでああいうドスが聞いている場面が新鮮でやっぱりかっこよかったです~(*´ω`)

 

 

久しぶりの宝塚だったので癒されました~(^^♪やっぱり宝塚楽しいです♪

 

一年のヅカ振り返りをしてみた話。

こんにちは!

 

も、もう今年も10日あまりですよ〜(*」>д<)」早くないですか!?

 

うう、という訳で今年の観劇を振り返ってみたいと思います。誰が興味あるのかという感じですが、私の備忘録として書かせていただきます。実は、今、PCを修理に出していて、この文はスマホで書いています。(場合によっては年明けまで修理がかかるらしいです(T^T))やっぱり長文はPCのほうが書きやすいですね〜。

 

宝塚大劇場

全公演制覇!!

 

基本日帰りなので1〜2回の観劇です。去年は、幾つか公演をパスしたりもしたのですが、今年は全て観劇することができました!普段の生活では早起きできないのに宝塚だと早起きできるという笑

着実に沼にはまっています笑

 

東京宝塚劇場

「舞音」「GOLDEN JAZZ」 2回

 

春休みに帰省した時が丁度月組さんの公演中でした。GJ楽しすぎました!

 

その他の劇場の公演

「For the people リンカーン自由を求めた男」

 

梅芸で観劇しました。観劇前に梅田で食事をしていたら、隣のテーブルのお客さんが宝塚の話をしていて!(しかも結構ディープな話)地元はすごいなぁと思いました。

 

「激情」「Apasionado‼︎Ⅲ」3回

 

全部B席です!💦宝塚が地元にきてくれたことが嬉しすぎて羽目を外してしまいました💦

 

ローマの休日」1回

 

梅芸で観劇しました。梅田限定の役替わりでした。梅芸に行くまでに迷子になった記憶があります笑

 

ライブビューイング

エリザベート

「桜華に舞え」「ロマンス!!」

タカラヅカスペシャル2016」(チケット当たりました!)

 

エリザでライビュデビューをしてから結構頻度高めで見てしまいました笑タカスペもチケットが無事当たりよかったです( *´艸`)

 

 

宝塚以外

「シスター・アクト」東宝・中日劇

エリザベート東宝・中日劇

「ROMEO & JULIET」OSK・近鉄アート館

 

 

まとめてみると、結構見てますね(;・∀・)見てはいけない現実を見ている感じがします笑

ヅカファンがOSKデビューした話。(OSK「ROMEO & JULIET」をみてきました。)

こんにちは(*'▽')

 

実は、今回の遠征は宝塚観劇以外に目的がありました!それはOSKデビューすることです( *´艸`)以前からOSKをみたいみたいと思っていてなかなかタイミングがつかめずにいたのですが(笑)、今回、OSKで「ROMEO & JULIET」をするとHPに書いてあったので、これは行くしかない!とチケットを入手しました!

 

そして、「雪華抄」「金色の砂漠」を観劇した後、宝塚→天王寺の移動して、OSKを観劇しました。

 

f:id:gekko638:20161128114717j:image

あべのハルカス!日本一の高さのビルらしいです!(ゆっこは愛知県に住んでるけど元関東人です)この8階にある近鉄アート館という場所が会場です。

 

f:id:gekko638:20161128114749j:image

演目は先ほども書いたように「ROMEO & JULIET」でした。このポスター素敵ですよね!このパネルの近くにOSK研修生?の方がいて、一緒に写真を撮ってくれるみたいです。ゆっこはぼっちなので一緒に写真を撮ってもらう勇気がありませんでした(´・ω・`)あと、チケットもぎりのお姉さんもOSK研修生の方なのかな??多分チケットもぎりのお姉さん私より若いです(笑)

 

会場は、まぁ、宝塚に比べたら小規模です。ですが、言い換えれば、距離が近いということなんです!私は学割A席(2000円!)というチケットで見て、後ろのほうの席なのですが、双眼鏡が必要ないくらい近かったです。

 

あと、役者さんの人数も少ないので一人一人のダンスなどがじっくり見られます。(カテコの時に数えてみたら役者さんは13人でした。)

 

お芝居のほうですが、楽しかったです(^^♪お話は、ご存知の通りのロミジュリなのですが、もちろん宝塚のロミジュリとは演出が異なっていて楽曲も違いますし、「愛」や「死」もいません。セットや衣装もシンプル(芝居中に衣装替えがあるのはロミオだけ)なのですが、夢中になって観劇しました(笑)

 

主演は楊琳さん(ロミオ)と舞美りらさん(ジュリエット)という方らしいのですが、お二人とも歌がお上手でした~(*´ω`)主演に限らず、歌うまさんが多かったです♪2人のお芝居からロミオとジュリエットの若々しさやまっすぐな感じが伝わってきて、若者の輝きがまぶしかったです(笑)古典だからか、ロミオはよく言えば詩的、悪く言えば回りくどい話し方をするのですけれど、それがしっくりくるくらいロミオはかっこよかったです。ジュリエットは、可憐な少女の雰囲気や育ちのよさそうな雰囲気が伝わってきました。あと、ロミオが死んだ(と思っている)ジュリエットとダンスし、ジュリエットが死んだロミオとダンスする場面、踊るの大変そうだと思ってみていたのですが、冷静に考えるとシュールな場面ですよね(すみません(;´・ω・))

 

また、ほかに印象に残った方は、ベンヴォーリオ役の悠浦あやとさんという方です。すごい小顔でスタイル良いですね!芝居もお上手!あと、乳母役の和紗くるみさんという方、演技が素敵でした~。若いでしょうに本当に乳母くらいの年齢のようにみえました(*´ω`)

 

場面としては、プロローグのダンスが続く場面が良かったです^^こういうプロローグ好きです~。見ているだけで楽しくなります。もう少し詳しくなって誰が誰だかわかるようになるとより楽しめるのでしょうね。

 

あと、バルコニーの場面の後?のロミオ・ベンヴォーリオ・マキューシオが歌う曲が、まじめなお芝居の中でクスッと笑える場面で楽しかったです(*´ω`)

 

そして、終演後には、カーテンコールがあり主演の楊さんのご挨拶がありました。楊さんは挨拶慣れしているように見えたので、宝塚とは異なり毎回挨拶があるのかもしれません。挨拶の後に、役者さん方が「桜咲く国」をピンクのパラソルを回しながら歌ってくれました。「桜咲く国」は名前しか知らず、今回初めて聞いたのですが楽しい曲ですね( *´艸`)後から知ったのですが、毎回お芝居の終わりに「桜咲く国」を歌うのがOSKの習慣らしいです。この時前方を見たら、小さいピンクパラソルを持っているお客さんがいるのです!いいなぁ~!私もほしい!(笑)桜の会員限定なのかな??

 

そして、これでおしまいかと思っていると楊さんが「お帰りの際は、一部の出演者だけですが、ハイタッチイベントがありますので・・・」といったことを!!

 

ぎゃふーーーーー!!!(゚д゚)(゚д゚)(゚д゚)

 

 は、はいたっちですか!!会場を出ると、すでに列ができていて役者さんたちもハイタッチをされていました。しかも、一部の出演者だけというので、下級生の方だけかと思っていたら、ロミオとジュリエットを含みメインキャストの方たちがハイタッチしてくれるんですね!私、ぼっちだったので並ぶか並ばないか迷ったのですが、、せっかくなので並んじゃいました!ハイタッチ待ちをしている間がとても緊張しました。。「向こうにとって私は数ある客の一人だから~~」と考えて冷静を保つのに精一杯でした(笑)大学入試の合否を見るときくらい緊張したかも(笑)実際に自分の番がきてみると、皆さん笑顔でハイタッチをしてくださって!きちんと目も見てくださるんです!ハイタッチというよりも「お手合わせ」といったほうがいいような上品なハイタッチでした。

 

 

あ~、楽しかったです!最後のハイタッチは反則ですよ!(笑)

 

また、機会があったらOSKみてみたいです(*'▽')あと、今回みたいに宝塚を見た帰りに大阪でOSKを見ると、その分だけ愛知県への帰路が短くなるので、帰りが楽です(笑)今回はお芝居でしたが、OSKはラインダンスが有名らしいので、次はレビューをぜひ見てみたいです!!

金色の砂漠を見てきました。

 こんにちは!

 

今回は、「金色の砂漠」の感想を書かせていただきたいと思います。1回しか見ていないのと、水美さんを追いかけるのに必死だった(笑)ので、実は、少し記憶があいまいです(笑)。

 

このお芝居、一言で言いますと

 

思った以上にドロドロしてました(´・ω・`)

 

最初はですね、とてもいい雰囲気なんです!アラベスクのお芝居自体が新鮮ですし、大きい布を使った演出も綺麗でした。あと、明日海さんと花乃さんは、奴隷と王女様の関係なのですが、身分差恋愛も見ていて面白かったです。女の子は身分差もの好きですよね??私だけ??(笑)

 

ですが、ギィ(明日海りおさん)がタルハーミネ(花乃まりあさん)にとある行動をしてしまってから物語がドロドロしだします。そしてギィがなぜそれをしてしまったのかに共感できないーー!あと、その後の行動も理解できるようなできないような。。て感じでした。主人公がお芝居の後半から、どんどん狂気じみた感じになっていって。。でも黒明日海さんが見たい人にはお勧めです!

 

なんだか、あと主役2人の、好きなんだけど憎んでいてやっぱり好きなんだけど・・・!。みたいな屈折している感情があまり好みではないかもです。。いや、好みではないというわけではないのですが、個人的には宝塚には悲劇であれ喜劇であれもっと夢のある恋愛をみさせてほしいのかもしれないです。

 

正直、お話はあまり好みではなかったのですが、”2人は幸せだったのか”とか考えると深いですよね。。

 

以下、ネタバレ含み感想を書きます。観劇前の方はご注意ください。

 

まず、上に書いたギィのとある行動なのですが、どうして、ギィはタルハーミネの結婚前夜に迫ってしまったのでしょうね??この場面以前に、ギィはタルハーミネより算術が得意だったり、奴隷制に疑問を呈する場面があるので、聡明なキャラ設定だと思っていたのでなおさらです。。だって、このタイミングと身分差でこういうことをしてしまったら、今の生活ができなくなるということは容易に想像がつくわけです。その後にギィは「タルハーミネは僕が守る」的なことを言いますが、そもそも奴隷の身分ですし関係を持ったことがばれたら奴隷さえクビなのはいうまでもありません。何を根拠に言っているのだろう?と冷めたことを考えてしまいました。。

 

あと疑問に思ったのが、その後で、ギィが自分に王族の血が流れていることを知って、国を盗賊と奪い返す場面です。そんな上手くいくのかな?という風に思ってしまいました。また、ギィはタルハーミネを自分の妻にしようとするのですが、力づくでタルハーミネを妻にしたら満足なのでしょうか??でも、少し気持ちがわかるような気がします。きっとギィは自分が何を求めているのかわからなくなっていたのかもしれないですね。。

 

以下、箇条書きで思ったことを書きます。

 

・ギィとタルハーミネ

上で文句を書いてしまいましたが、ギィはかっこいいです!明日海さんのホンワカしたイメージとは異なるのですが、こういう役もかっこいいですね~。子供時代も明日海さんが演じるのですが、とても少年に見えました!あと、ミーマイの時も感じたのですが、花乃まりあさんはこういう気の強い女性の役がお上手ですよね。素敵なお芝居だったと思います(*´ω`)

 

・ジャー(芹香斗亜さん)とビルマーヤ(桜咲彩花さん)

同期コンビ!ビルマーヤはほかの王女様に比べて優しくて奴隷思いな王女様です。結婚相手を選ぶ時も奴隷にやさしくしてくれるかまで考慮してくれます。この2人は、どちらも穏やかな性格の人なので、ドロドロしたお芝居の中で癒しでした~(*´ω`)あと、ビルマーヤの結婚相手のゴラーズ(天真みちるさん)いい人!!鳥の狩りの場面、笑ってしまいました( *´艸`)でも死んじゃいます(´・ω・`)

 

・テオドロス(柚香光さん)

タルハーミネの求婚者です。いうまでもないかもしれませんが、もう、超イケメンです!!美しいです!個人的に印象に残ったのは、テオドロスがタルハーミネに膝枕してもらう場面です。(←そこかよ)だって、最初はクッションがあるのに、それを投げ捨ててナチュラルに花乃ちゃんに膝枕してもらってるんですよ!いやーさすがイケメンは行動が違いますね( *´艸`)

でも、活舌難です。。結構セリフ聞き取りにくい箇所がありました(;´・ω・)でもかっこいいです!

 

・ジャハンギール(鳳月杏さん)

やっぱりお上手!セリフも明瞭で聞き取りやすいですし、イケメン!!上級生らしい重厚な王様だったと思います(^^♪

 

・盗賊の人々(花野じゅりあさん、水美舞斗さん、そのほかの皆さん)

じゅりあ姐さんかっこいいですー!男勝りなかっこいい盗賊でした(^^♪水美さんはセリフは少なめでしたが、オペラでしっかり見ました(笑)

 

・フィナーレ

ラインダンスの中心をしていたのは仙名さんですよね!?上級生なのにラインダンスをすることもあるんですね。

 

ほかに、印象的だったのはデュエダンです。花乃ちゃんのアラビアンなドレスが素敵でした(*´ω`)デュエダンはお芝居の2人の関係性が反映されていて、ダンスの途中で花乃ちゃんが明日海さんに”つんっ”ってするんです!かわいい~( *´艸`)あと、定番としては最後は銀橋にでて来ると思うのですが、今回は大階段を上ってはけていかれました。後姿を見ながら退団なのだなと改めて思いました(´・ω・`)ちなみにエトワールは花乃さんでした。

 

あと、印象に残った場面は黒燕尾です!初日映像を見た時は「ターバン変じゃない?」と失礼なことを思ってしまったのですが、実際見てみると違和感なくかっこよかったです。やっぱり黒燕尾最高です~!!

 

 

アラビアンな雰囲気が素敵なお話でした~。1回しか見られなかったのが残念(´・ω・`)

 

雪華抄を見てきました。

こんにちは!

 

お正月休みの帰省時に花組公演を見ようと思っていたのですが、チケット争奪戦に敗北いたしましたゆっこです(´・ω・`)

 

ですが先日、その「雪華抄」「金色の砂漠」を大劇場のほうで見てきました。この公演は花組トップ娘役の花乃まりあさんの退団公演でもあります。

 

 

いやー、素敵なレビューでした(*´ω`)初日映像を見た時は、顔が白塗りなので誰が誰だかわかるか心配していたのですが実際に感激してみたら意外と認識できて、心配は杞憂に終わりました(*^_^*)

 

あと、最初に白状してしまいますが、水美舞斗さん、好き!!(/ω\)(/ω\)実は前々から気になるジェンヌさんで、ミーマイのAパターンを見に行ったのも、マイティジェラルドを見るためだったのです!(どうでもいいネタばらし)もう、あの爽やかな笑顔とリアルメンズ感が素敵すぎます!ダンスも素敵だし!そして、今回ももちろん素敵でした~!

 

ふう、以下に感想を書きますね。

 

・チョンパが素敵!

ちなみにチョンパというのは、チョン!と柏木がなったらパッ!と舞台が明るくなることを言うらしいです。パッ!の時に、タカラジェンヌの皆さんが総出になるのですが、もうこれが見目麗しくて!!この美しさは生で見てもらいたいです!!

 

・松本悠里さんの日舞

恥ずかしながら、私日舞については無知なのですが。。扇裁きが綺麗だなと思いました。このような日本の伝統芸能を受け継いでいる方が在籍しているというのが宝塚の素敵なところだなと思います。

 

・明日海さんと柚香さんを中心とした鳥をイメージとした場面。

この場面かっこよかったです!鷹と鷲の戦いをイメージしているらしいです。明日海さんと柚香さんのお衣装のデザインがかっこよかったです!なんといいますか成人式にヤンキーがきていそうなデザインです(笑)ど派手なのですが鳥をイメージしていることがわかるかっこいい衣装でした。和風なのですがロックな音楽を使用していてそれがまた相乗効果でかっこいいんです!また、その周りを舞っている鳥の一群の筆頭は水美さん!!ちなみにもう一群いるのですが、その筆頭は瀬戸のお兄様です!瀬戸さんもかっこいいですよね( *´艸`)イケメンたくさん♪

 

・鳳月さんと桜咲さんの夏祭りの曲

鳳月さんも桜咲さんの歌うまいですね~(*´ω`)夏祭りの場面なので、普通の浴衣をお召しになっていて、ほかの場面に比べたら地味な衣装なのですが、しっとりしていて印象に残る場面でした。

 

・芹香さんと仙名さんの七夕の場面

この場面も素敵でした~。ゆきちゃんトップ娘役おめでとうございます(T_T)彦星の衣装も織姫の衣装も素敵でした。あと長い紐や盆を使った演出が良いと思いました(*^_^*)

 

・波の場面

イケメンたちが歌いながら次々と銀協に出てきます!眼福!最後は布?を持って総踊りします。この場面楽しすぎます!

 

清姫のシーン

清姫って有名ですか。。??私、恥ずかしながら清姫について何も知らなかったので、どういう場面かよく理解できませんでした。。ですが、花乃ちゃんの赤い着物が豪華でしたね。花乃さん的には一番の見せ場だったのではないでしょうか。あと衣装の早変わりもあります。

 

・もう一度テーマソング?

一度しか見ていないので、記憶があやふやなのですが、もう一度松本悠里さんの日舞があります。

あと芹香さんが歌いながら銀協を渡る場面で、水美さん・瀬戸さん・柚香さん・鳳月さんが少しだけ銀協の階段を降りてきます。その時に「水美さんーーーー!!(*ノωノ)きゃふーー!!」となったことだけ覚えてます(笑)まぁ2階席から観劇していたので階段おりの恩恵はあまり受けなかったのですが(笑)

 

 

和物のレビューだから、退屈してしまうかなと観劇前は思っていたのですが、とても楽しいレビューで本当にあっという間でした。本当に50分もやっていたのかな??(笑)1回しか見られなかったのが心残りです(´・ω・`)

 

次の記事では「金色の砂漠」の感想を書かせていただきたいと思います!