ぼっちヅカファンゆっこの遠征記録

中部地方に住む宝塚ファンの観劇日誌です。

ライブビューイングのために遠征してしまった話。(大垣観光の話)

遠征というほどの距離でもないのですがσ(^_^;)

 

先日の星組ライブビューイング(ライビュ)ですが、私はモレラ岐阜で鑑賞しました。

 

私の家からの最寄りは名古屋のベイシティなので、(エリザベートのライビュはベイシティでみました)今回もベイシティでみようと一般前売りに臨んだのですが、チケットが買えず。。(;_;)おそらくあれは一般前売りの前にチケットが売り切れてしまっていたのではないかと思います。(そういうことってありますか?)

 

その次に近い会場が、モレラ岐阜だったのでそちらのチケットを購入しました。確かに、生ではないのに岐阜まで行くということに躊躇しましたが、片道4〜5時間かけて宝塚を観に行っているのに岐阜が遠いというのも変かな(←何に対して笑)と思い、勢いで買ってしまいました。ちなみに、名古屋駅からモレラ岐阜駅まで電車で1時間ぐらいかかります(´;ω;`)もちろんチケットが手に入ったのは嬉しいのですが、若干後悔。。これからはライビュは控えようかなと思いました。(でも、タカスペのライビュは抽選申込んじゃいました笑笑)

 

 

というわけで、せっかく遠くまで行くなら楽しんでしまおう!ということで大垣観光してまいりました!今回は宝塚の話ではありません笑

 

じゃーん!大垣駅

f:id:gekko638:20161125124735j:image

目的地は、奥の細道むすびの地記念館です!今回初めて知ったのですが、江戸から旅を続けてきた松尾芭蕉が旅の執着地としたのが大垣だそうです。

 

パンフレットに徒歩16分と書いてあり、確かに駅からは近くないのですが、観光案内所でもらった地図と標識を見ていったら迷わないでつくことができました。

 

行く途中では⬇︎のような素敵な川がありました(^o^)

f:id:gekko638:20161125125319j:image

 川沿いに散歩ができるようになっているんです!私の地元には、川があまりなかったのでこういう風情のある場所があるのはうらやましいです(*´ω`)

 

 

f:id:gekko638:20161125125328j:image

奥の細道むすびの地記念館の道路沿いに像があります。 

 

f:id:gekko638:20161125125340j:image

 そして奥の細道むすびの地記念館に到着!

大垣は映画「聲の形」の聖地でもあるらしいです♪記念館の中で原画(ですよね?)が見られる企画展が行われていました。企画展は無料で見られました。また、大垣市の「聲の形」の聖地巡礼用のHPが親切でどの巻の何Pに乗っている窯で丁寧に書いてくれているのです!機会があれば聖地巡礼するのも楽しいでしょうね(^▽^)

記念館は、入館料が300円とお手頃だったのですが、ビデオルームや俳句を再現したジオラマなどがあり面白かったです!(俳句の解説展示はあまりに丁寧すぎて、好きな人じゃないと流し見になってしまうかも(;´・ω・))地元の有名な方々を紹介しているコーナーも面白かったです。

 

記念館が充実していたので大垣城にも行ってみたかったのですが時間が無くなってしまいました笑

 

そんなこんなで樽見鉄道にのりモレラ岐阜へいきました。樽見鉄道ですが、JRのホームから乗る仕様になっています。 大垣駅では電車に乗る前に自動券売機かホーム上の切符売り場で切符を買うことができるので先にチケットを買うのが便利だと思います。本数も1時間に1本くらいなので、お急ぎの時は注意が必要ですね。

f:id:gekko638:20161125125347j:image

 思わず写真を撮ってしまいたくなるかわいい電車でした(*´ω`)電車ではないかな?

 

そして、モレラ岐阜駅(無人駅でした)に着き、みちふうのサヨナラを見送ってきました!それについては次の記事で書かせていただきます!

 

今回は、観光もライビュも楽しめたので充実したプチ遠征でした(*^▽^*)