ぼっちヅカファンゆっこの遠征記録

中部地方に住む宝塚ファンの観劇日誌です。

「琥珀色の雨にぬれて」「"D"ramatic S」をみてきました。

お久しぶりです!

 

この一週間は4回も宝塚観劇ができて、ヅカファンとしてはとっても充実した一週間でした。これから個々に感想を書いていきたいと思います。

 

まず、今回は雪組の全国ツアー公演「琥珀色の雨にぬれて」「"D"ramatic S」。

 

今回の全ツは地元名古屋が千秋楽会場だったのです。大好きな望海さんと真彩さんのプレお披露目だったのでうれしかったです~(:_;)


f:id:gekko638:20170918123559j:image

 
でも私が観たのは千秋楽ではありません←9月17日の公演です。。

せっかく名古屋が全ツの千秋楽なのに千秋楽に用事が入っておりまして観劇できませんでした( ̄▽ ̄;)

 

以下、ざっくり感想を。

 

まず、琥珀色の雨にぬれて」

 

この作品を始めてみたのですが、感想を一言で言うと

 

シャロンめんどくさい人。。(´・ω・`)

 

という感じでした。すみません。。宝塚に限らずミュージカルって一筋縄ではない女性がモテますよね。エリザベートとかカルメンとか。

 

少し話はありきたりかなとも思ってしまったのですが、どの場面も大人っぽくて雰囲気が素敵な作品ですよね。どの場面を切り取っても絵になります。

 

そして、やっぱり望海さんと真彩さんは歌うまで耳福です✨

望海さんは真面目な方というイメージがあるので、クロードの役が似合っていました。本当に純粋なな気持ちで浮気旅行にいこうとしてたんだなとというのが伝わってきました←そしてスーツかっこいい、お似合い(*´∀`)

 

真彩ちゃん(シャロン)は見た目は可愛らしい娘役さんですけど、大人っぽい演技が素敵でした。話し方も大人っぽいんですけど、声質もいいですよね。歌ウマさんだとは知っていましたが、演技もお上手とは。。!!最強です!!

 

 

でも、ちょっとクロードとシャロンは共感できないかな。浮気旅行がフランソワーズ(星南のぞみさん)に見つかってからも、いまいち意見がはっきりしないクロードは見ていて少しもやもやしてしまいました。

 

でも、クロードは気持ちは分かるのですよね。シャロンの言うように「おぼっちゃん」で、相手の気持ちを考えずに自分の優柔不断な気持ちをそのまましゃべってしまう人なのでしょうね。

フランソワーズが「あなたは今回は汽車に乗らなかったけど次は乗るかもしれない」 といったことをクロードに言いますが、否定しないクロード。フランソワーズかわいそう。。

 

あと、少し記憶があやふやなのですが、そののちにクロードはフランソワーズの兄ミッシェル(真那春人さん)の会社で働くことになりますよね。それって気まずくない?!と思ってしまいました。

 

シャロンシャロンで、難しい女の人ですよね。天邪鬼といいますか。クロードのことが好きなのかと思ったら急に見捨てたり、クロードに自分のことを追いかけさせるものの声をかけなかったり。私も女ですけど、シャロンはちょっとめんどくさい人だなと思ってしまいました。。

 

 

そして、レビュー「”D”ramatic S」

「Dramatic ”S”」から「”D”ramatic S」に名称が変更されましたが、オープニング曲は変わらず。やっぱりオープニングの黒い衣装はかっこいいですよね。全ツだと真那春人さんなどのメンバーにもスポットが当たっていてうれしかったです。

 

あと、中詰めのあたりが大幅に変更されていましたね。結構、改変されている場面が多かったので、新鮮な気持ちで見られました。

 

少し気になったのは、客席降りでステージにジェンヌさんが一人もいなくなってしまう場面があったこと。しかもこれが結構長くて(´;ω;`)

私は5階席(!)だったので、音楽だけ聞いていました。まぁこれがチケットの値段の差なのかもしれません。。

 

そして、パレード。最後に大きな羽根を背負って望海さんが出てきたときに、「本当にトップさんになったんだな」と思って勝手に感極まりました笑。あらためておめでとうございます!

 

名古屋での公演だったので、手羽先や味噌煮込みうどんなどアドリブもたくさん入れてくださっていてうれしかったです~!名古屋は観光地は少ないですけどおいしいものはいっぱいあります!笑

 

次期トップコンビも本当に素敵で、これからの雪組公演が楽しみです( *´艸`)

 

宝塚の小池修一郎先生がサンリオピューロランドのショーを脚本・演出していると聞いたので

こんにちは!

今回の帰省中に母とサンリオピューロランドへ行って来たのでそれについて書きたいと思います。

題名にもあるように、宝塚の座付きの脚本・演出家である小池修一郎先生がサンリオピューロランドのショー「不思議の国のハローキティ」の演出をなさっているそうで、それにつられていきました笑

サンリオピューロランドは東京の多摩市にあります。新宿から電車で30分ほどです。

当日はあいにくの雨でしたが、ピューロランドは完全屋内型の施設なので、天気に関係なく遊ぶことができます。

f:id:gekko638:20170818092032j:image

分かりにくいかもしれませんが、水色と白のシナモンコーデです。シナモンコーデで行くと割引になって2500円で入場できるそうです。(期間限定みたいです)

 

他にも、学割、浴衣割引、カップル割などたくさんあるので、条件を満たせる方は割引で入場してみてください☆彡

 

そして、早速「不思議の国のハローキティ」を観劇!
f:id:gekko638:20170818092059j:image

演出は宝塚の小池先生なのですが、ほかにも星組元トップスターの安蘭けいさんが「ハートの女王様」という役の声優をなさっています。宝塚好きにはたまりません!!(/ω\)

 f:id:gekko638:20170818092217j:image

f:id:gekko638:20170818092150j:image

想像以上に面白かったし、舞台も豪華でした。

 

不思議の国のアリス」の世界観なのですが、完全なオリジナルストーリーでした。お話は細かいところは突っ込みたくなる箇所もありましたが、短い上映時間(レビュー含めて40分ですよ?!)にかかわらず、見せ場あり歌ありで充実しています。

 
小さい子向けなのかもしれませんが、大人でも楽しめるお芝居だと思います!

 

そして、お芝居の後にはレビューがついています。これがもう、「こんなに宝塚色を出してよいのか」と思うほど宝塚なんです!!
f:id:gekko638:20170818092235j:image

 大階段でのダニエル君たちの男役ダンス!かっこよかったです!宝塚好きにはたまりません!!(2度目)


f:id:gekko638:20170818092318j:image

 デュエットダンスもあります。まさに、キティちゃんコラボの宝塚グッズの世界観です。


f:id:gekko638:20170818092345j:image

 もちろんパレードもあります!ママがエトワールでした。

 

 もう、大満足のお芝居でした!

 

そして観劇後は普通にピューロランドを楽しみました。以下にいくつか写真を載せますね。
f:id:gekko638:20170818092356j:image
夏祭りをやっていてたのでいってみました。小学生以下だったら盆踊りに参加できたみたいです。残念。。!!あと半分若かったら!笑

和太鼓はダニエル君が担当です。ダニエル君の和太鼓とても上手でした!たぶん中の人はプロです笑


f:id:gekko638:20170818092459j:image

 ぐでたま・ザ・ムービーショーというのを見ました。お客さんを積極的にいじっていくスタイルです。構成が練られていてとても面白かったです!実は私はぐでたまの脱力したキャラがあまり好きではなかったのですが、一気にファンになってしまいました!


f:id:gekko638:20170821112017j:image

こちらはお昼です。私はシナモン、母はキティちゃんのカレーを食べました。

シナモンのカレーは、食べ物とは思えない色をしているのですが、おいしかったです!ですが、食べている間に異常な見た目とおいしいカレーという視覚と味覚のギャップに酔ってしまいました。。

 


f:id:gekko638:20170818092605j:image

 これは、サンリオキャラクターボートというアトラクションです。ボートに乗ってアトラクション内を移動します。f:id:gekko638:20170818092630j:image

サンリオキャラクターたちが勢ぞろいしています。とてもたのしいのでピューロランドに来たらこのアトラクションにはぜひ乗ってほしいです!


f:id:gekko638:20170818092704j:image

 ミラクルギフトパレード。マイメロディの他にもサンリオキャラ勢ぞろいで、テンション上がりまくりでした!!パレードも必見です!「KAWAII FESTIVAL」を生で見られて感激しました!

 

ほかにも、イルミネーションを見たり、写真スポットで写真を撮ったりなど大満足の一日でした!

 

 

私は今回初めてサンリオピューロランドに行ったのですが、完全屋内型で季節天候に関係なく快適に遊べるのと、ネットでマップを見て想像していた以上に中が広くて一日中遊べるところが魅力だなと思いました。

 

最初は小さい子ばかりで引け目を感じてしまうのですが、年の言った母娘にも優しいスタッフの方々のホスピタリティに感動しました。また、レディキティハウスというところでキティちゃんと写真を撮ったのですが、その時にキティちゃんがハグしてくれて!!誰にでも優しいキティちゃんにも感動しました( ;∀;)

 

小さい子がメインターゲットなので、絶叫系のアトラクションがないところも私にとっては嬉しかったです。スリル系が苦手なので(;´∀`)

 

あと、ネズミの国などに比べたら断然待ち時間が短いです。お盆でしたが、キャラクターボートライドの50分待ちが最長で、他のアトラクションも20~30分待ちでした。繁忙期以外に行ったらもっとスムーズに楽しめると思います(*´▽`*)

 

機会があったらみなさんも是非サンリオピューロランド行ってみてはいかがでしょうか(*'▽')

 

水美舞斗さんのお茶会に行ってきました!

こんにちは!みなさんお盆はいかがお過ごしでしょうか?

 

私はただいま関東に帰省しております。

 

現在は花組さんが東京で公演中です。そしてそして、念願だった水美さんのお茶会にいってきました!(日にちもお盆で都合が良かったのです。)

 

お取り次ぎしてくださった方本当にありがとうございます✨

 

内容はいわゆるレポ禁なのですが、とても楽しいお茶会でした!かっこ良かったよー!!(。>д<)

 

実際に参加してみて思ったことは、私のように

「お茶会参加したいけど勇気ないお(´・ω・`)

と思っている方は、是非一度参加してみてほしいということです!

 

確かにお茶会はハードル高く感じてしまいますが、実際に行くと本当に楽しいですし、ジェンヌさんもいつ退団してしまうか分からないですしね。

 

私は一人参加でしたが、両隣の方も一人参加だったので、一人でも大丈夫だと思います。私も隣のお客さんとお話していたので寂しくありませんでした(*^^*)

 

みなさんも是非参加なさってみてください!

今さらですが花組全ツ写真投下

こんにちは!

 

3月の花組公演[仮面のロマネスク][Exceiter‼ 2017]を観劇した際の記事を書いていなかったので、今更ながら写真を投下したいと思います💦

 

静岡市公演を観劇しました。



f:id:gekko638:20170814173913j:image

観劇ついでに登呂遺跡にいきました。実は前から興味あったんです😁

f:id:gekko638:20170814174057j:image

登呂遺跡は無料で見学できます!


f:id:gekko638:20170814174208j:image

芹沢けいすけ記念館にもいきたかったのですが休館日でした。。

 

f:id:gekko638:20170814175144j:image

こちらは有料の登呂遺跡の博物館です。安いのに充実!


f:id:gekko638:20170814175246j:image

 

移動して、観劇へ!
f:id:gekko638:20170814175308j:image


f:id:gekko638:20170814175355j:image


f:id:gekko638:20170814175432j:image

地元愛を感じます(*´∀`)

 

f:id:gekko638:20170814175532j:image

 

「オーム・シャンティ・オーム 恋する輪廻」をみてきました。

こんにちは!

 

先日、星組公演「オーム・シャンティ・オーム 恋する輪廻」(OSO)を観劇してきました。当初観劇の予定はなかったのですが、急きょ大阪に行く予定ができまして。予定は半日で終わったので、宝塚を観劇してきました。

 

本公演は、当日券だと学割&チケットファイルがもらえる、という特典がありました。
f:id:gekko638:20170729193641j:image

ありがとうございます!

 

私はプレお披露目だった東京国際フォーラムでの公演は観劇しておらず、これがOSO発観劇でした。

 

お芝居は、もう「さすが小柳先生!」というくらい楽しかったです!明るくて楽しくてきっと素敵なお披露目公演だったのでしょうね。「ハッピーじゃなければエンドではない」をまさに体現していました。演出も素晴らしくて、一幕終わりのオームが転生する場面とかぞくぞくしてしまいました(*´ω`)

 

あと、梅田版はフィナーレがなく、代わりに振付講座と客席参加のダンスになっていたのですが、これがまた楽しくて!私は今回3階席で観劇したのですが、3階席のお客さんたちもダンスをしている方が多かったです!もちろん私も踊りました(*´▽`*)紅さんのトーク力も抜群でした。ハリッパ!

 

とても楽しいお話だったのですけれど、見ていて思ったのは「真ん中付近に実力派の人が必要!」ということです。。失礼でごめんなさい。。

 

例えば、オープニングの場面。イケメンと美女が踊りながら歌うノリノリのオープニングで楽しい!楽しいんですけど、ほとんどの人が何を言っているのかが分からない。。単語しか聴き取れなかったり。。今回主要キャストを務めていた星組の男役さんって、皆さん背が高くてスタイル抜群でかっこいいですけど、歌とかは微妙かな(;・∀・)

 

あと失礼ながら紅さん自身も、滑舌はよくないじゃないですか。そうすると、セリフの内容を推察したりなどしている間に話に集中できなくなるように感じます。あと、紅さんってコメディの役は本当にお上手ですけど、お芝居が足し算ばかりで引くことをめったになさらない様に感じます。悪い意味でがちがちゃしているように見える場面がありました。紅さんとファンのみなさんごめんなさい。。

 

ですがオームの役は本当に紅さんにぴったりでしたし、紅さんでなければこんなにも楽しいお芝居にはならなかったのではないかと思います。

 

そしてシャンティプリヤとサンディの2役を演じた綺咲愛里さん。シャンティは超人気女優なのですが大人っぽい役作りが素敵でした。個人的に楽しかったのは美稀千種さん演じるオームのお母さんからダンスを教わる場面です。周りでまねをしている人たちがいたり、あーちゃんが戸惑いながらもダンスする場面かわいかったです(*´ω`)この場面楽しかった~!!

 

ムケーシュ役の七海ひろきさん。ムケーシュは結構冷酷な映画プロデューサーです。色気が駄々漏れですね!!かっこいいー!結婚発表をしようといってシャンティを抱きしめたときの目がね、すごい冷めているんですよ!シャンティからはムケーシュの顔は見えないのに観客からは見えるというね。30年経過した時の胡散臭い風貌もよかったです笑

 

ざっくりとした感想になってしまいましたが、歌って踊る楽しいマサラミュージカルでした!

 

「阿弖流為」をみてきました。

こんにちは!

 

月組「All for One」を観劇しに遠征しに行った時の続きの話です。

月組の感想は↓です。 

gekko638.hatenablog.com

 

月組で「All for one」を観劇したのちに梅田芸術劇場へ移動しました。礼真琴さん主演の「阿弖流為」を見るためです。こちらもとっても行きたかった公演なのです!

 

ちなみに今回は迷わずに梅芸まで行くことができました( `ー´)ノ進歩~!笑

 


f:id:gekko638:20170818095605j:image

 

そして、「阿弖流為」の感想ですが、、、

素晴らしかったです!!(/ω\)

 

実は、私忙しかったということもありあまり予習をせずに観劇してしまいまして。。お芝居冒頭でいろいろ聞きなれない地名や人名が出てきたときに「難しくてついていけないかも。。(゚Д゚;)」と予習をしていなかったことを後悔しました。確かにいくつか細かいところは理解できなかった場面もあるのですが、どんどんお話に吸い込まれていき、熱中しながら観劇しました!

 

そして以下にネタバレで感想を書かせていただきます。

 

お芝居は、ざっくりいうと阿弖流為が迫害を受けていた蝦夷の人々のリーダーになり朝廷側と戦う、というお話です。もちろん脚色などもあるでしょうが、蝦夷の人々がどのような扱いを受けていたのか、阿弖流為蝦夷の未来のために母礼(モレ)とともに死を選ぶまでの下りなどがとても印象的で、涙なくしては見られないお話でした。阿弖流為をはじめとした蝦夷の人々のまっすぐな思いが伝わってきて、私ももっと真面目に生きようと活力をもらいました(本当に!)

 

そして今回のお芝居は大きな4枚のモニターを使った演出だったのですが、これが今回のお芝居に合っていたと思います!モニターを使うと舞台が物理的に明るくなりますし、礼真琴さんがモニターに現れる敵と戦う場面とかもカッコよかったです!(こういうゲームとかありそう笑)あと、今回のお芝居は人名や地名に馴染みがないものが多かったので、モニター上で地図や登場人物名を出してくださるのはとても分かりやすかったです(*'▽')あと客席おりが多かったのもうれしかったです。

 

以下、個人的に印象に残った役者さん中心にお芝居の感想を書いていきます。

 

阿弖流為(礼真琴さん)

礼真琴さんの実力の高さは周知の事実だと思いますが、今回も素晴らしかったです~!お顔立ちはかわいらしい方なのに、舞台に立っているときの男らしさは何?!(混乱)もうすごすぎです!例えば、有沙瞳さん演じる佳奈に弓矢の使い方を教える場面の包容力!でも少しワイルドさも感じるというね!かっこいいです!(私の語彙力。。)

先ほども書いたように、阿弖流為蝦夷側のリーダーで、最後は蝦夷の人たちのために自ら進んで犠牲になってしまうという人格者なのです。できすぎる礼さんができすぎた阿弖流為の役をやるという!!!もう、礼さんに惚れてしまいそう(/ω\)(/ω\)

 

佳奈(有沙瞳さん)

有沙さんも歌うまさんです!今回のお芝居では長いソロがあり、歌を堪能できて私得でした( *´艸`)個人的にこういう自立した女性キャラクターが好きなんです。また佳奈の義弟のウホナを演じていらっしゃたのが天彩峰里さん初めて舞台で認識しました。次は少年役ではなくて娘役さんの時に着目したいです!佳奈は、前夫、阿弖流為、母礼(兄)、ウホナと身の回りの人々を朝廷に殺されてしまいかわいそうな立ち位置でした。当時の蝦夷の人たちにも似たような境遇の人がたくさんいたのでしょうね。

 

坂上田村麻呂(瀬央ゆりあさん)

また、阿弖流為坂上田村麻呂(瀬央ゆりあさん)に処刑されてしまうということだけは知っていたので、坂上田村麻呂が悪役なのかなと観劇前は思っていたのですが、田村麻呂がいい人なんです(´;ω;`)阿弖流為はもっと壮大なものと戦っていたんですね。

阿弖流為と田村麻呂のいっき打ちの場面が迫力満点でかっこよかったです!そして、阿弖流為の要求を聞きながらも、阿弖流為が一騎打ちに勝ったという事実を認めて阿弖流為を助けようとする田村麻呂のかっこよさ!!阿弖流為の死後にきちんと佳奈に会いに行く田村麻呂の誠実さ!いい人だわ~

 

伊治公鮮麻呂(壱城あずささん)

鮮麻呂で一番印象的だったのは、朝廷の人たちに鬼といわれて迫害されてしまう場面。昔はこういうことが本当にあったのかなと思うと怖くなってしまいます。冒頭の鮮麻呂とは変わり果てた姿になって檻に入れられている場面がとても印象的でした。

この場面に限らず蝦夷の人たちが差別を受ける場面が多くあるからこそ、阿弖流為が死ぬときの「私は蝦夷でよかった!」のセリフがとても心に残りました。

 

紀古佐美(夏樹れいさん)

分かりやすい悪役!!( *´艸`)

やっぱり夏樹さんは歌ウマです!少し声が高めの役作りと、もういやらしさ満点のお芝居が良かったです!悪役ですけど、出番多いですし、キャラクターも強烈でおいしい役だなと思いました。

 

蝦夷側のみなさん

阿弖流為と母礼(綾凰華さん)が死を選択した時に蝦夷側の人たちが抗議する場面、泣けます。その中の一人は同期のひろ香さんだったりすると頃が印象的です。天華えまさん(飛良手役)や綾さんが舞台でこれほどの長さで演技をしていらっしゃるのを初めて見たのですが(スカステに加入すればよいのですけれど。。)二人ともお芝居が上手でした。綾さんは次からは雪組生でこの並びはもう見られないのですね。

 

本当に素敵なお芝居でしたし、この時代に興味を持ったので、時間を見つけて原作の小説を読んでみたいと思います。本当は観劇前に読むのがベストだったのでしょうが(;・∀・)

「All for one ~ダルタニアンと太陽王~」をみてきました。

こんにちは!

 

今回は、月組公演「All for one」を観劇してきたので感想を書かせていただきます。


f:id:gekko638:20170724001907j:image

(学割立ち見で1000円で観劇しました。学割いつもありがとうございますm(__)m)

 

 

コメディ要素が多い、明るくて楽しいお話でした(*'▽')さすが小池先生といいますか、宝塚らしくって私好みのお話でした(*´ω`)

 

小さいお子様でも楽しめる分かりやすいお話なので夏休みの今の時期にぴったりなのではないでしょうか。

 

以下にネタバレあり+テンション高めで感想を書きます。

 

まず、冒頭の銃士軍の総踊り!!かっこいいですー!!ザ・冒険活劇という感じがします。もうこの総踊りが見られただけで、「忙しかったけど見に来てよかったー!( ;∀;)」と思いました。そしてその後のダルタニアン(珠城りょうさん)のソロが素敵!約1か月ぶりの宝塚だったので、ますますじわっときました。宝塚最高です( *´艸`)

 

そして、珠城さんのダルタニアンのはまり具合ですよ!あんなふうに国王への忠誠心を語られたら、ルイーズ(愛希れいかさん)が惚れてしまうのも分かります!!そして、キスとか壁ドンとかたまちゃぴのイチャイチャがたくさん見られて私得でした笑

 

そしてやはり、このお話はちゃぴさん(愛希れいかさん)ありきのお話だなと思いました。ちゃぴさん演じるルイ14世は、ある時は男性のルイ14世として、ある時は女性のルイーズとしてふるまわなければならない境遇にいるというキャラクターなのです。元男役だからか、ルイ14世もとても自然に見えましたし、ルイーズはもう本当に本当にかわいかったです( *´艸`)さすがちゃぴさんです!

 

そして、アラミス(美弥るりかさん)、アトス(宇月颯さん)、ポルトス(暁千星さん)の三銃士の皆さん!皆さんそれぞれ、色男、ダンディー、酒好きとキャラが立っていて素敵でした!

 

特に美弥ちゃん演じるアラミスがキャラ的においしくないですか?!そもそも美弥ちゃんに色男の役をさせて似合わないわけがありません!銃士軍が解散されてからちゃっかり怪しい修道士になってセカンドキャリアを成功させているところとか面白すぎです!

ポルトㇲも役者になったりとか意外とたくましく生きていますよね。アトスは水面下でしっかりと伏線張っていますけど( *´艸`)

そしてどの場面だったか忘れてしまいましたが美弥ちゃんが客席降りする場面があってそこで通路側のお客さんの手にキスするんです。。!!キスしてもらったお客さんうらやましすぎです(/ω\)(/ω\)

 

そしてほかの方々もいいキャラクターだったなと思います。ポスターでは真面目そうに見えたもののコメディ要因だったモンパンシェ公爵夫人(沙央くらまさん)、変な人に見えて意外と常識人?!のマリア・テレサ(海乃美月さん)、ちょっと抜けていて壁に執着しているベルナルド(月城かなとさん)などなど。。見どころが多すぎて1回では消化不良です。。機会があればもう一度見てみたいです!

 

そして、本来はルイーズの代わりにフランス国王になるはずだったジョルジュを演じていたのが風間柚乃さんだったらしいです。お芝居もお上手でイケメンでした。。!!下級生なのに大抜擢ですよね!お歌も今度は聞いてみたいです。月組さんは爆上げ好きだから近いうちにきけそう。。。

 

あと、デュエダンがすごかったですね。。ちゃぴさんの身体能力。。さすがです。。!!

 

でも一つ見ていて思ったのがこのお話の前提である「国王は男性でなければならない」というのが今の時代背景とマッチしていないなとも思ってしまったり。。。もちろん、この時代のフランスと現代日本で時代背景が異なることは当然なのですが。イギリスは女王が認められていますがフランスでは認められていなかったのでしょうか??(調べろ)別にルイーズが女として国王に就任してもよくない??などと思ってみてしまいました。最後は銃士軍も復活してハッピーエンドとなりますが、ダルタニアンはともかくルイーズは何をして生活していくのでしょうね。バレエを続けるといっていましたがそれはやはり娯楽の範囲での話でしょうし。。なんだかこのお嫁さんになったらおしまい!みたいなお話の締め方があまり好きではありませんでした。(1回しか見ていないので見当違いだったら本当にすみません。。。)

 

笑いありの明るいお話で、夏休みシーズンにぴったりな素敵なお芝居だなと思いました(*´ω`)