ぼっちヅカファンゆっこの遠征記録

中部地方に住む宝塚ファンの観劇日誌です。

名古屋のキャトル、閉店だってよ

忙しさの山がひとまず過ぎ去りましたー!まだやるべきことは多いのですが、とりあえず一休みできます(*´ω`)

 

 

そして、名古屋のキャトル・レーヴが中日劇場の閉鎖に伴って閉店するそうです。。

 

確かに中日劇場が閉鎖されれば、キャトルも中日ビルから撤退せざるを得ませんよね。

(※中日劇場中日ビルの最上階にあります)

(失礼ですが、中日ビルって休日でもお客さんが少なく、キャトルはその中でも数少ないにぎわっているお店でしたよね。中日ビル採算取れてるのかな??)

 

でも、「移転」ではなくて「閉店」ですよ?!

もう名古屋への巡業公演は全国ツアーだけになってしまうのでしょうか。

 

全国ツアーで巡業してくれるならいいじゃん!と思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし、全国ツアーは日数が少なくチケットもすぐに売り切れてしまうため、街中で宝塚のポスターを見かける機会も少ないんですよね。

 

一方、中日劇場公演だと中日ビル前に大きな看板が張られますし、日数が長いためチケットも取りやすいです。

 

私の知り合いも2月に中日劇場星組が来るのは知っていましたが、9月に全ツで雪組が来ていたことは知りませんでした。やはり、中日劇場公演の方が宝塚やミュージカルを見慣れていない人には行きやすいのではないかと感じています。

 

まぁ、定期的な巡業公演がない地方の方からすれば贅沢な話なのかもしれません。。それに、宝塚の公演の中でも中日劇場公演はチケットがとりやすい部類だったのでビジネスとして切り捨てられてしまうのも仕方がないのかもしれませんね。。

 

 

あ、あと「ひかりふる路」のル・サンクがほしいです。大好きな望海さんのお披露目公演ですし、お芝居も素敵だったので!名古屋のキャトルに行って買ってこようと思います(`・ω・´)