ぼっちヅカファンゆっこの遠征記録

中部地方に住む宝塚ファンの観劇日誌です。

「琥珀色の雨にぬれて」「"D"ramatic S」をみてきました。

お久しぶりです!

 

この一週間は4回も宝塚観劇ができて、ヅカファンとしてはとっても充実した一週間でした。これから個々に感想を書いていきたいと思います。

 

まず、今回は雪組の全国ツアー公演「琥珀色の雨にぬれて」「"D"ramatic S」。

 

今回の全ツは地元名古屋が千秋楽会場だったのです。大好きな望海さんと真彩さんのプレお披露目だったのでうれしかったです~(:_;)


f:id:gekko638:20170918123559j:image

 
でも私が観たのは千秋楽ではありません←9月17日の公演です。。

せっかく名古屋が全ツの千秋楽なのに千秋楽に用事が入っておりまして観劇できませんでした( ̄▽ ̄;)

 

以下、ざっくり感想を。

 

まず、琥珀色の雨にぬれて」

 

この作品を始めてみたのですが、感想を一言で言うと

 

シャロンめんどくさい人。。(´・ω・`)

 

という感じでした。すみません。。宝塚に限らずミュージカルって一筋縄ではない女性がモテますよね。エリザベートとかカルメンとか。

 

少し話はありきたりかなとも思ってしまったのですが、どの場面も大人っぽくて雰囲気が素敵な作品ですよね。どの場面を切り取っても絵になります。

 

そして、やっぱり望海さんと真彩さんは歌うまで耳福です✨

望海さんは真面目な方というイメージがあるので、クロードの役が似合っていました。本当に純粋なな気持ちで浮気旅行にいこうとしてたんだなとというのが伝わってきました←そしてスーツかっこいい、お似合い(*´∀`)

 

真彩ちゃん(シャロン)は見た目は可愛らしい娘役さんですけど、大人っぽい演技が素敵でした。話し方も大人っぽいんですけど、声質もいいですよね。歌ウマさんだとは知っていましたが、演技もお上手とは。。!!最強です!!

 

 

でも、ちょっとクロードとシャロンは共感できないかな。浮気旅行がフランソワーズ(星南のぞみさん)に見つかってからも、いまいち意見がはっきりしないクロードは見ていて少しもやもやしてしまいました。

 

でも、クロードは気持ちは分かるのですよね。シャロンの言うように「おぼっちゃん」で、相手の気持ちを考えずに自分の優柔不断な気持ちをそのまましゃべってしまう人なのでしょうね。

フランソワーズが「あなたは今回は汽車に乗らなかったけど次は乗るかもしれない」 といったことをクロードに言いますが、否定しないクロード。フランソワーズかわいそう。。

 

あと、少し記憶があやふやなのですが、そののちにクロードはフランソワーズの兄ミッシェル(真那春人さん)の会社で働くことになりますよね。それって気まずくない?!と思ってしまいました。

 

シャロンシャロンで、難しい女の人ですよね。天邪鬼といいますか。クロードのことが好きなのかと思ったら急に見捨てたり、クロードに自分のことを追いかけさせるものの声をかけなかったり。私も女ですけど、シャロンはちょっとめんどくさい人だなと思ってしまいました。。

 

 

そして、レビュー「”D”ramatic S」

「Dramatic ”S”」から「”D”ramatic S」に名称が変更されましたが、オープニング曲は変わらず。やっぱりオープニングの黒い衣装はかっこいいですよね。全ツだと真那春人さんなどのメンバーにもスポットが当たっていてうれしかったです。

 

あと、中詰めのあたりが大幅に変更されていましたね。結構、改変されている場面が多かったので、新鮮な気持ちで見られました。

 

少し気になったのは、客席降りでステージにジェンヌさんが一人もいなくなってしまう場面があったこと。しかもこれが結構長くて(´;ω;`)

私は5階席(!)だったので、音楽だけ聞いていました。まぁこれがチケットの値段の差なのかもしれません。。

 

そして、パレード。最後に大きな羽根を背負って望海さんが出てきたときに、「本当にトップさんになったんだな」と思って勝手に感極まりました笑。あらためておめでとうございます!

 

名古屋での公演だったので、手羽先や味噌煮込みうどんなどアドリブもたくさん入れてくださっていてうれしかったです~!名古屋は観光地は少ないですけどおいしいものはいっぱいあります!笑

 

次期トップコンビも本当に素敵で、これからの雪組公演が楽しみです( *´艸`)