ぼっちヅカファンゆっこの遠征記録

中部地方に住む宝塚ファンの観劇日誌です。

「オーム・シャンティ・オーム 恋する輪廻」をみてきました。

こんにちは!

 

先日、星組公演「オーム・シャンティ・オーム 恋する輪廻」(OSO)を観劇してきました。当初観劇の予定はなかったのですが、急きょ大阪に行く予定ができまして。予定は半日で終わったので、宝塚を観劇してきました。

 

本公演は、当日券だと学割&チケットファイルがもらえる、という特典がありました。
f:id:gekko638:20170729193641j:image

ありがとうございます!

 

私はプレお披露目だった東京国際フォーラムでの公演は観劇しておらず、これがOSO発観劇でした。

 

お芝居は、もう「さすが小柳先生!」というくらい楽しかったです!明るくて楽しくてきっと素敵なお披露目公演だったのでしょうね。「ハッピーじゃなければエンドではない」をまさに体現していました。演出も素晴らしくて、一幕終わりのオームが転生する場面とかぞくぞくしてしまいました(*´ω`)

 

あと、梅田版はフィナーレがなく、代わりに振付講座と客席参加のダンスになっていたのですが、これがまた楽しくて!私は今回3階席で観劇したのですが、3階席のお客さんたちもダンスをしている方が多かったです!もちろん私も踊りました(*´▽`*)紅さんのトーク力も抜群でした。ハリッパ!

 

とても楽しいお話だったのですけれど、見ていて思ったのは「真ん中付近に実力派の人が必要!」ということです。。失礼でごめんなさい。。

 

例えば、オープニングの場面。イケメンと美女が踊りながら歌うノリノリのオープニングで楽しい!楽しいんですけど、ほとんどの人が何を言っているのかが分からない。。単語しか聴き取れなかったり。。今回主要キャストを務めていた星組の男役さんって、皆さん背が高くてスタイル抜群でかっこいいですけど、歌とかは微妙かな(;・∀・)

 

あと失礼ながら紅さん自身も、滑舌はよくないじゃないですか。そうすると、セリフの内容を推察したりなどしている間に話に集中できなくなるように感じます。あと、紅さんってコメディの役は本当にお上手ですけど、お芝居が足し算ばかりで引くことをめったになさらない様に感じます。悪い意味でがちがちゃしているように見える場面がありました。紅さんとファンのみなさんごめんなさい。。

 

ですがオームの役は本当に紅さんにぴったりでしたし、紅さんでなければこんなにも楽しいお芝居にはならなかったのではないかと思います。

 

そしてシャンティプリヤとサンディの2役を演じた綺咲愛里さん。シャンティは超人気女優なのですが大人っぽい役作りが素敵でした。個人的に楽しかったのは美稀千種さん演じるオームのお母さんからダンスを教わる場面です。周りでまねをしている人たちがいたり、あーちゃんが戸惑いながらもダンスする場面かわいかったです(*´ω`)この場面楽しかった~!!

 

ムケーシュ役の七海ひろきさん。ムケーシュは結構冷酷な映画プロデューサーです。色気が駄々漏れですね!!かっこいいー!結婚発表をしようといってシャンティを抱きしめたときの目がね、すごい冷めているんですよ!シャンティからはムケーシュの顔は見えないのに観客からは見えるというね。30年経過した時の胡散臭い風貌もよかったです笑

 

ざっくりとした感想になってしまいましたが、歌って踊る楽しいマサラミュージカルでした!