ぼっちヅカファンゆっこの遠征記録

中部地方に住む宝塚ファンの観劇日誌です。

2016年で印象に残った宝塚お芝居3選

こんにちは!

 

前回に引き続き今回は、私の独断と偏見で印象に残ったお芝居を3つ選んでみたいと思います。レビューよりも見た数が多いので選ぶのが大変です。。

 

前回と同様↓の記事の中から選びました。

 

gekko638.hatenablog.com

 

For the people リンカーン 自由を求めた男

轟理事がご主演のリンカーンを題材としたお話。このお芝居は、全席一律のお値段だったのですが、私の席は前方かつ通路側でした。私は普段よくてもA席でしか観劇しないのであまりの近さに感激しました。私史上一番近い席での観劇でした笑。あと、通路側だったので、お芝居冒頭に柚香光さんが走り抜けていって。。!!かっこよかったです(n*´ω`*n)

 

そして、演目が発表された時から思っていたのですが、轟さんがリンカーンにはまり役でした!お芝居が進むにつれて年齢が上がっていく様子がよくわかるなと思ったことを覚えています。やはり理事の男役かっこいいです(*´ω`)そして、仙名彩世さんのお芝居もとてもステキ!若い時のメアリーのお芝居があまりにかわいらしくて人形かと思いました(違う)実力派タックの主演コンビでした~!

 

そして、なんといってもエルマーを演じた水美舞斗さん!!もう、笑顔が素敵だし好青年過ぎて!お芝居の随所からエルマーの性格の良さやリンカーンを慕っている気持ちが滲み出ているんです。また、エルマーは南北戦争に行って戦死してしまうのですが、そのシーンのダンスは圧巻です!戦士の場面なども後ろ向きに階段から倒れるなど体を張っていらっしゃいました。うう、水美さんかっこよすぎです。。

 

また、お芝居の場面として印象に残ったのは、亜蓮冬馬さん演じるボビー(リンカーンの息子)が南北戦争に行くと両親に宣言する場面です。ボビーの南北戦争へ行くという強い意志や、エルマーとボビーに対するリンカーンの葛藤などを想像すると涙が出ました。

 

あと、印象的だったのは階段に布を敷いて星条旗にするという演出です。役者さんたちが赤い布を階段に敷いて星条旗を作るのですが、最初何を意味しているのか分からず、「星条旗だ!」と分かった時にすっきりしました笑。宝塚ではフィナーレの時に階段をおりてくるというのが定石だと思うのですが、このお芝居では階段が星条旗になっているので階段降りはしないで袖からジェンヌさんが順番に出てきてフィナーレをしているのが感慨深かったです。

 

こうもり

同じく星組の「桜華に舞え」とどちらを入れるか迷いましたが、こちらを3選に入れます。こうもりはオペレッタということで、普段の宝塚のミュージカルとは趣が異なるのですがとてもステキな作品でした!

 

こうもりは、上品で、華やかで、面白くて、素敵な歌が聞けて、と私が宝塚に求めている(上からな表現すみません💦)要素がたくさん含まれていて、観劇してから1週間以上夢心地でした笑。

 

まず、黒燕尾の男役さんと娘役さんがダンスするプロローグから素敵すぎて心奪われました(/ω\)ほかにも、へっぽこ弁護士のせいで懲役がのびたり、執事が主人と間違われて逮捕されたり、懐中時計の下りなど楽しかった場面は挙げればきりがありません!!観劇中、とても笑った記憶があります。

 

ローマの休日

ローマでちぎみゆがイチャイチャするお話です笑。お芝居の中で、ジョーとアン王女がローマ観光をしたりご飯を食べたりするのですが、もう見ているほうがにやにやしてしまいます(/ω\)

 

そしてやっぱり咲妃みゆさん演じるアン王女が可愛すぎです~!(>_<)本当にゆうみちゃんのお芝居素敵です!なんだかんだで世話焼きのジョーとお嬢様育ちなのか天然なのかのアン王女って、ちぎさんとゆうみちゃんに似ている気がして( *´艸`)最後の記者会見の場面も名シーンでした☆

 

詳しい感想は過去記事にあるので探してみてください笑

 

番外編 エリザベート

再演ものなので、番外編ということでエリザベートを選びました。今年は日本初演20周年だったそうですけれど、幸いなことに宝塚版も東宝版も観劇することができました。宝塚版はほぼ根性でチケット手に入れましたが笑。普段のにこにこしたイメージとはまた違った魅力で素敵だったまぁさまトートに、やっぱり最高の実咲シシィ、包容力と優しさが半端なかった真風フランツなどなど本当に素敵なキャストでした。エリザベート好きー!!

 

 

ふぅ、一気に書き上げました。。

 

それではみなさんよいお年を!(*'▽')