読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼっちヅカファンゆっこの遠征記録

中部地方に住む宝塚ファンの観劇日誌です。

東宝エリザの感想

こんにちは!

 

もうかなり前なのですけれど、東宝エリザの感想について書きます。放っちゃいました(;´・ω・)記憶もあやふやになってきているのでさらっと書きます。

 

ちなみに配役は↓でした。

 f:id:gekko638:20161024110840j:image

 

前回の記事でも書いたのですが、全体として、エリザベートの生涯や歴史に重点が置かれていて、宝塚版よりも現実的だったなぁという感想です。

 

私、外部のミュージカル俳優さんは詳しくないですし、新米ファンなので宝塚OGの方も詳しくはないのですが、感想を書かせていただきます💦

 

エリザベート役 蘭乃はなさん

少女時代の演技がとてもかわいらしかったです!お転婆な女の子の演技が素敵でした!(*´ω`*)

 

 んー、でもお歌はやはりもう少しかもしれません💦歌の時に発音が曖昧で何を言っているのかわからないところがあったり、歌っている時に地声になったり。。地声だと感情が伝わってきますし迫力もあるのですが、ころころ変わるのは。。

 

あと、これは蘭乃さんの演技がどうのというわけではなく、脚本的な問題なのかなとも思いますが、東宝版ではエリザベートが自分勝手な人見えてしまって(;・∀・)全体的なお芝居からそういったことが感じられるということもあるのですが、象徴的な場面だと思ったのは、”パパみたいに”のリプライズです。(宝塚版では”パパみたいに”のリプライズはありません)この場面で「♪私は孤独で居場所がない♪」といったような曲を歌われるのですが、それを聞いた瞬間に私、「夫と息子があなたを必要としていますよ!(;'∀')」と思ってしまいました。あと「ジプシーみたいになりたい」というのも、少女時代に歌うのはいいですけど、オーストリア皇后が歌うとね。。と思ってしまいました(;^ω^)

 

あと、ほかに印象が変わったと思うのは病院の場面です。花組蘭乃シシィがどんな風だったかは忘れてしまったのですが、東宝蘭乃シシィはヴィンディッシュ嬢に「ひざまづくのはあなたよ」というセリフを言っていたのが印象でした。実咲シシィは、そういうセリフを言いそうにありませんでしたし、ヴィンディッシュ嬢とは対等な立ち位置にみえたので、演出が変わると受け取る雰囲気も大きく変わるのだと感じた場面でした。

 

〇トート閣下役 城田優さん

実は私、観劇するまで「トート閣下は女の人がやらなくては!」と思っていました。トート閣下は、中性的な雰囲気だからかっこいいと思っていたからです。なので「男性の演じるトート閣下はムサくて〜」という感想をこのブログに書く気マンマンでいました笑。

 

ですが、私のそのような偏見を吹き飛ばすほど城田トートはかっこよかったです!!私は、これを見るまで城田さんを存じ上げなかったのですが、スペイン人とのハーフだそうで、西洋風の顔だちが死神の顔とあっていてイケメンでした!

 

身長が高い方なのだと思いますが、座ってるだけでも足が長くてかっこよかったです!(私の語彙力。。)

 

ただ、とてもイケメンでいらっしゃったのですが、歌はそれほどでも。。という感じでした。少しイントネーションを外したような発音が少し気になりましたし、歌い方も死神の役作りだったのでしょうか??

 

また宝塚版と比べての話になってしまいますが、城田トートは黄泉の帝王キャラが強く押し出された役作りだと感じました。なんだか、今まで我儘に育ってきて自信たっぷりな王子様というような雰囲気でした。黒天使にムチ打ったりしますしね。。

 

宝塚のトート閣下も黄泉の帝王ではあるのですが、「俺様キャラ」でとどまっていて育ちもよさそうに感じました。宝塚トート閣下についていって黄泉の世界に行くのはいいけど、城田トートについていって黄泉の世界に行ったら性格きつそうだし俺様すぎて苦労しそう笑

 

ゾフィー役  香寿たつきさん

香寿さんガチウマ!!

 

一度見てみたいと思っていた女優さんだったので、生で見られてよかったです(o^^o)(涼風真世さんもみてみたい)現役の時は実力派トップさんだったそうですが、本当にお上手でした!

 

宝塚版のゾフィーはキャラクター化された「厳しい姑」でしたが、香寿ゾフィーは、こういう姑いそうだな、というリアルさを感じさせるゾフィーだったと思います。ソロの歌も印象的でした。

 

○ルキーニ役  成河さん

前回の感想でも書いたのですが、「怒り」の感情が伝わってくるルキーニでした。危ない雰囲気のお芝居が印象的でした。ルキーニのくるっている雰囲気が、表情や演技で伝わってきました。

 

○ルドルフ役 京本大我さん

イケメン王子でした~!悩める青年のお芝居がよかったです!

 

ですが、革命が失敗するまでの演出の仕方は、宝塚のほうが私は好みでした。東宝だと革命の時の演出の仕方が人間対死神のダンスみたいになっていますけれど、私は、宝塚のルドルフが王冠を追いかける演出のほうがわかりやすいですし芸術的で好きだなと思いました。(私の好みの話ですが)

 

 

Wキャストの役が多いので、別のキャストでも見てみたくなってしまいますね(*^_^*)また機会があったら見てみたいです(*´ω`)