読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼっちヅカファンゆっこの遠征記録

中部地方に住む宝塚ファンの観劇日誌です。

月組当日券並び&池田理代子展にいってきました。

こんにちは!

 

ただいま私は帰省中で関東にいます(*´ω`*)

関東にいるならば、東京宝塚劇場にいかなければ!ということで当日券にならびにいって参りました!

 

私はいつもは経費削減のため、在来線で片道4-5時間かけていくのですが、今回は片道2時間弱ぐらい。なんだかとても楽で交通費も安く感じます(・・;)

 

10時5分前くらいに東宝に到着。目的は月組公演「グランドホテル」「カルーセル輪部曲」です。13時30分公演です。平日だからそれほど人は並んでいないだろうと思っていましたが、けっこうな人がならんでいらっしゃいました。

 

並んでみた結果、立ち見の20番台のチケットを手に入れました。けっこう中央の方の立ち見です。やったー(*´∀`)

 

そして、チケットをゲットしたあと公演まではしばらく時間があるので、それまでの間、高島屋日本橋店で開催されている池田理代子展にいきました!東宝から歩いていける近さが嬉しいです(^o^)

 

f:id:gekko638:20170315102615j:image

 ベルサイユのばらの登場人物の皆様!テンション上がります!

 

宝塚歌劇でも有名なベルばらですが、私、宝塚にはまるまえから漫画のベルばらが好きだったんです。当時、私は子供だったので、マリーアントワネットは名前しか知らず、ヴァレンヌ逃亡事件のくだりなどはどうなるのだろうとハラハラしながら読んでいました。何度も読み返して今も好きな漫画です。

 

展覧会は、半分ほどがベルばらについてで、登場人物の紹介パネルや実際の原稿、宝塚の舞台写真が展示されていました。以前のベルばら展でも原稿が展示されていましたが、この紙に本当に池田さんが漫画を書いていたと思うとロマンがありますよね!

 

f:id:gekko638:20170315102632j:image

宝塚の衣装も展示されていました。(写真撮影はOKでした。)


f:id:gekko638:20170315102641j:image

これは、オルフェウスの窓に出てくる窓ですね。オルフェウスの窓は細かい話は忘れてしまったのですが、展示を見ているとだんだん思い出して懐かしくなりました(*´ω`*)

 

他にも、池田さんの作品が多く紹介されていて、他の作品も読んでみたくなりました。向こうの思う壺ですね笑

 

楽しみにしていた展覧会だっので行くことができてよかったです😃これから行くかたは公式のHPに100円引きのクーポンがあるのでそれを使うのがおすすめです。

VIVA! FESTA!を見てきました。

こんにちは。前回に引き続き今度はレビューの感想を書かせていただきます。

 

ですが、さっさと感想を書かないせいで記憶があやふやに。。(^_^;) ざっと印象に残った場面について書きます。

 

○真風さんと実咲さんの場面

真風さんの歌声包容力あって素敵でした~。この包容力と2人の組み合わせを見てるとエリザベートの結婚式の場面思い出しました (*´ω`*)

 

○桜木さんが娘役2人と銀橋わたる場面

桜木さんかっこいい!!(/-\*)なんだか最近桜木さん攻めてきてません?!髪型も歌いかたもチャラ化してます!(いい意味です)お芝居で玲子さんの尻に敷かれていた戸川さんと同一人物とは思えません笑

 

○まぁさま闘牛士グループと蒼羽さん牛グループが対決する場面

この場面もかっこ良かったです(*´ω`*)ジェンヌさんが牛になるといっても、スタイリッシュな牛ですよ!笑

最後にまぁさまサイドが勝つのはわかっているのにハラハラしてみてしまいます。

 

○ソーラン節

客席降りあります!この場面たのしー!!お客さんの手拍子にも熱が入っていた気がします。

まぁさまと真風さんのオラオラした掛け声かっこ良かったです(/-\*)ソーラン宙組

 

○デュエダン

みりおんの白いドレス姿が本当にきれいでした(*´ω`*)今回はThe 王道!というようなデュエダンでした。ソワレのときにはリフトが失敗してしまいましたがそのあとお怪我はなさそうだったので安心。ジェンヌさんは当たり前のようにしていますが、女性が女性をリフトするって本当に大変なことですょね。。

 

この宙組体制ももうみられないのですね(;_;)トップのお二人が好きだったので残念です(>_<)

「王妃の館」をみてきました。

先日、「王妃の館」「VIVA! FESTA!」を見てきました。宙組トップ娘役実咲凛音さんの退団公演でもあります(´;ω;`)感想を書こう書こうと思っているうちに千秋楽も過ぎていろいろ発表もありました。時間の流れを感じます。。

 

f:id:gekko638:20170303010132j:image

 いつも私は、近鉄株主優待券で宝塚まで行くのですが、今回は丁度JRの青春18きっぷの季節だったので、JRで見に行きました。ですが、途中で事故がありまして東海道本線が遅延。。前回のグランドホテルの遠征の時も大雪で電車が遅延したのでなかなか私は運が悪いようです。。前回はぎりぎりで間に合いましたが、今回はマチネの前半40分が見られませんでした。。しかも、この電車の事故が大事故だったみたいで、帰りの時もまだ電車が遅延していたのです。事故現場を想像するだけで恐ろしいですよね。。

 

話は変わりますが、この日はマチネもソワレもジェンヌさんが観劇していらっしゃいました。有名人の方やジェンヌさんが観劇していることがあるということは知っていましたが、遭遇したのは初めてなので興奮しました笑。いつもは土日に観劇するので、遭遇率が低いのでしょうか??それにしても、一般人の中にジェンヌさんがいるとすごい目立ちますね( *´艸`)

 

以下に感想を書きます。

 

王妃の館

田淵大輔先生の大劇場デビュー作です。同名の小説が原作らしいですが、私は未読です。

 

なんだかこのお芝居、ノリが「めぞん一刻」に似てません?!登場人物がみんなキャラが濃いところとか笑。私、実家に全巻そろえてあるくらい「めぞん一刻」が好きなんです。つまり、「王妃の館」も好きです!(*ノωノ)

 

あと、お芝居のキャラクターと演者さんのキャラがあっていて、どの方も素敵でした(/ω\)チャラ男の名をほしいままにしているまぁさまに、セレブ気取りの北白川さんの役があっていましたね。小説の天使が舞い降りてくるところなど一つ一つの言動が面白くて笑ってしまいました(*´ω`)みりおんもバリバリ働くガイドの玲子さんの役が似合っていたし、真風さんも、男らしいルックスがルイ14世の役にぴったりだなと思いました。見た目はコスプレでしたけど、キャラクターの中ではルイ14世は常識人の方でしたね笑

 

このお芝居の魅力は、個性的なキャラクターたちの掛け合いだと思います。胡散臭そうに見えて、最後にみんなを助けてくれる金沢さん(愛月ひかるさん)や、真面目なまこちゃん(澄輝さやとさん)とクレヨン(蒼羽りくさん)のコンビ(今回のりく君の役おいしくないですか!?)常識人枠の下田さん夫妻(寿つかささん・美風舞良さん)。怪しそうな丹野さん夫妻(凛城きらさん・彩花まりさん)、おかしな日本語を話すフランス人ガイドのピエール(和希そらさん)などなど。。私、役が多いお芝居が好きなのでうれしかったです!

 

個人的に好きだったキャラは、上に書いた、まこちゃん&クレヨンのコンビです( *´艸`)私、マチネは途中からの観劇だったので「そういえば蒼羽さん、今回は女役なんだっけ。でも女になりきれてないかも。。」と思っていたんです。ですが、ソワレを最初から観劇し、設定を知り納得!クレヨンの猛アタックにまこちゃんはいつも迷惑そうなのですが、このコンビ、見ていて楽しかったです。

 

あと、玲子さんと桜木みなとさん演じる戸川さんの掛け合いも楽しかったです。同期コンビ!力関係的には玲子さんのほうが上で戸川さんに無理を言いつけるのですが、玲子さんの尻に敷かれている戸川さん、見ていてにやにやしてしまいます( おい)

 

また、終盤にかけての下田さん夫妻心中未遂事件の下りで、玲子さんが2人を説得する場面はじわっと来てしまいました。他にも、北白川がルイ14世を結果として気づつけてしまい、ルイ14世に怒られ、心境が変化していく場面などがいいなと思いました。

 

また、最後に玲子さんが旅行会社を辞めて再出発するところは退団の暗喩なのでしょうか?主役の北白川さんや玲子さんに限らず、登場人物すべての人に(丹野さんたち除く)にそれぞれのハッピーエンドが用意されているところも素敵ですよね。こういうところも「めぞん一刻」に似ている気がします(まだいうか)

 

 

こういうツアーがあったら面白そうですよね!ぜひ参加したいです!(お金はないので影ツアーの方で(;・∀・))そしてガイドはルイ14世にしてもらいたいです笑( *´艸`)

雪組次期トップ発表!

こんにちは。

 

雪組の次期トップが発表されましたね。望海風斗さんが次期トップスター、真彩希帆さんが次期トップ娘役だそうです。大方の予想通りの人事で心臓にやさしいです笑。どちらも好きなジェンヌさんですし、歌ウマコンビですね(^^)現トップの退団は寂しいけど次期トップの公演も楽しみです!!

 

お披露目は全国ツアーで「琥珀色の雨にぬれて」と「“D”ramatic S!」。レビューのほうは再演ですけど”S"ではなく”D"なんですね。DAIMONのDということでしょうか(*´ω`)サヨナラレビューをお披露目で再演するというのも珍しいですね。

 

さらに驚いたことに、全国ツアーの千秋楽が地元の名古屋です!ふえ~、チケット取れなさそう。。そもそも、私、この時期に予定が入っていた気がします。。

 

 

また、次回の東上公演も発表されました。主演は彩風咲奈さんで「CAPTAIN NEMO」。

 

海底2万マイルは詳しくないのですが、面白そうです!公演解説では、壮大な世界観が語られていますが、舞台上でどのようにして再現されるのかが興味あります。

 

次期トップが発表されたら、今度は大劇場お披露目公演のラインアップが気になります笑。早く発表されないかな~(*´ω`)

 

発表が多すぎて。。(雪組退団者とまぁさまの退団)

こんにちは(*´ω`)

 

もう、イベントやら発表やらが多すぎて心が持ちません(>_<)

 

・実咲凛音さん大劇場ご卒業

昨日は、宙組トップ娘役の実咲凛音さんの大劇場卒業でした。昨日気づいたのですけれども、この公演で退団するのは実咲さんだけらしいですね。私、この公演を見に行ったのですが、感想を書く前に千秋楽になってしまいました。。

 

ニュースでサヨナラショーの記事を読みましたが、本当にどの写真もおきれいです。みりおん好き!!(突然の告白)東京公演も応援してます( ;∀;)

 

雪組の退団者発表

みりおんの大劇場卒業と雪組の集合日が重なっていたみたいです。発表されていた雪組トップコンビ早霧さん・咲妃さんの他にも、新人公演主演経験者の方が3人(鳳翔大さん・香綾しずるさん・星乃あんりさん)も退団されるそうです。

 

私、結構ショック受けました。。鳳翔さんも香綾さんも中日公演では場面もらってたりエトワールしていましたね。。こんなに人数が抜けて、月城さん・有沙さんの組替えがあると、新生雪組の雰囲気が結構変わりそうですね。

 

朝夏まなとさんの退団

一番驚いたのはこれです。。みりおんが卒業するのは知っていましたし、集合日なら誰かしら退団なさることは予想できていたので、まぁさまの退団は不意打ちでした(:_;)本当はですね、雪組の次期トップの発表を見ようと思って宝塚のHPを閲覧したんです。そしたら、まぁさまの退団発表があって

 

そっち?!(゚Д゚;)

 

みたいな感じでした。。まぁさまのキラキラした笑顔が好きだったのにあと数か月で見られなくなってしまう。。勝手に、あと2~3作はやると思い込んでいたのでダメージが。。

 

それに、実咲さんの一作後で退団するなら、タイミングを合わせて一緒に退団すればいいのにとも思ってしまいますよね。。私は、添い遂げ希望派ではないですし、個々人が満足した時に退団するのが一番だとは思いますけれど、このタイミングは大人の事情が絡んでそうな気がします。。

 

今気づいたのですけれど、退団公演の「クラシカルビジュー」って、まぁさまがビジュー好きだからでしょうか?(トップ監修グッズがビジューデザインなのはまぁさまがビジューをお好きだかららしいです。)

 

明日の退団会見の記事を待ちたいと思います。

「星逢一夜」「Greatest HITS!」をみてきました。

こんにちは!

 

先日観劇した「星逢一夜」「Greatest HITS!」の感想を書かせていただきます。

f:id:gekko638:20170227011032j:image

これもだいぶ前の観劇ですね。。雪が結構降っていました。

 

ちなみに、私はいつも一人観劇ですが、今回は友人と観劇しました。友人は、以前私が宝塚のDVDを貸したところ、とても気に入ってくれ、今回が初・生観劇でした。

 

星逢一夜

もちろん、お話は初演の時と同じなのですけれども、ラストが少し変わっていたような気がします。一昨年の話なので記憶が定かではないのですが。

 

今回も見ていて思ったのですけれど、源太不憫です。。源太って、晴興に泉を譲ろうとしたり、一揆のリーダーをしていたりなどすごい良い人ですよね。泉と結婚した後の所帯じみた雰囲気もカッコよかったです(*ノωノ)ですけれどお芝居での扱いが雑すぎて。。泉と結婚して子供までいたのに。。

 

なんだか、泉と晴興が大人になっても恋仲というのが現実的ではないなと思ってしまうのですよね。このお芝居の子供時代の場面は小学生ぐらいの年齢なのだと思いますが、私自身、もし今、小学生の時好きだった人と再会しても、その人は過去として処理されているので、泉と晴興みたいにはならないかなと思います。まぁ、お芝居なので現実的かなどは重要ではないのかもしれませんね。

 

また、晴興も泉もだんだん年を取っていくのが演技から伝わってきて、芝居巧者コンビだなと思いました(*´ω`)晴興は、吉宗に対して無礼な口をきいてしまったりする威勢のいい田舎者から、だんだん身分に応じた性格になっていく感じが分かりますし、泉も子供時代(おさげかわいい(/ω\))から、年を取って少しやつれた雰囲気になっていくのが伝わりますよね。

 

あと、今回、芝居・レビューともに客席降りが多かったんです!1階席裏山でした!! 

 

Greatest HITS!

やっぱりたのしー!!

もうプロローグからテンション上がりまくりです!イケメンと美女が次々繰り出すの好き!開演前に私の双眼鏡を友人とシェアする約束をしていたのに、私がずっと使ってしまいました💦だって目が離せないんですもん!

 

あとやっぱり、ゆうみちゃんが田舎女子から素敵女子になる場面いいな。このブログで何回言ってるんだという感じですがゆうみちゃんかわいすぎです(>_<)

 

あと、ハロウィンやクリスマスなどイベント系の場面は改変されていましたね。

 

例えば、彩凪翔さん率いるゴーストバスターズの場面は、カボチャではなくてしゃちほこになっていました。こういうご当地ネタを持ってきてくれるのは嬉しいですね(´艸`*)しかもこのしゃちほこピカピカ光るんです!光るといっても、ただ光るのではなく七色に光ります笑。最後はクラッカーみたいに紙吹雪?などが出ます。この場面楽しかったー!

あと、翔君が最後にカボチャを被りますが、それが鬼(節分)になっていました。でも、今回の中日公演は初日が2月4日なので、節分と公演が重なっていないんですよね。(;´・ω・)まぁ細かいことはよしです!

 

また、クリスマスメドレーの場面は鳳翔さんのマンボの場面になっていました。これもカッコよかったです!

 

また、その後の、早霧さん&望海さんが歌いながら「さぎり・・!」「のぞみ・・!」となぜか名前を呼びあう場面。まじめな場面なのかもしれませんが笑ってしまいました。

 

そしてやっぱり望海さんと咲ちゃんの運命~デュエダンの流れが素敵すぎます!本当に今回のデュエダン良いですよね。清らかな気持ちになれる気がします。

 

本公演でのラインダンスは忘れてしまったのですが、中日版ではニワトリみたいな衣装でした。酉年だからでしょうか?

 

今回は出演していない月城かなとさんの最後の場面の銀橋一人渡りの代役は煌羽レオさんでしたね。あとエトワールは香綾しずるさんでした。

 

友人に感想を聞いていたところ、レビューが好みだったらしく1時間では短かったとのこと。自分が好きなものを好きと言ってくれるのは嬉しいです(*´ω`)実は、私自身が初めてレビューを見たときは「楽しい」というよりも「何これ、ストーリー性もないし。。」というような困惑した気持ちのほうが大きかったんですよね。今では、あの宝塚らしいレビューが大好きになりましたが。友人、ファンの素質があるのかもしれません笑

 

日劇場公演も終わってしまったので、次はついに退団公演ですね(´・ω・`)もちろん見に行きます!

マリー・アントワネット展(六本木)に行ってきました。

うわ、お久しぶりです。。ブログ放置してしまいました。。

 

ブログは放置してしまいましたが、私は観劇したり、発表された先行画像やグラフの表紙にウハウハして、あいかわらずヅ活動は積極的に行っていました。(GRAPH買いました!表紙の望海さん美しすぎ!)

 

で、放置していたネタを書かせていただきますね。先日、六本木の森美術館で開催されているマリー・アントワネット展に行ってきたので、それの感想を書かせていただきます。まぁここは宝塚ブログなのですが、ベルばらとか宝塚とフランスは縁がありますしね汗

f:id:gekko638:20170107162045j:image

 (ちなみにこれを見に行ったのはお正月に帰省した時です。。ネタ古すぎるし展覧会終わってるし。。)

 

感想を書くのは遅くなってしまったのですが、私、宣伝を見たときからこの展覧会に行きたくて行きたくて仕様がなかったのです。

 

お正月ということもあってかとても混んでいました。私が行ったときは入場制限などがかかっていて、入るだけで一苦労でした。名古屋に比べてやっぱり東京は込み具合が段違いですね~。

 

印象に残っている展示をいくつか。

ヴェルサイユ宮殿の一部を再現

マリー・アントワネットが生活していた部屋の一部が完全再現されています!しかも写真もOKとのことでテンション上がりまくりです!また、図書館はプロジェクションマッピング?のようになっていて映像で再現されたものを楽しむことができます。本展覧会はヴェルサイユ宮殿の監修ですから、完成度もとても高いのではないかと思われます。

 

・「首飾り事件」の首飾りのレプリカ

レプリカなのですけれど、目に入った時に「息をのむとはまさにこのことだな」と思うほどまばゆくて立派な首飾りでした。あと、私今までこの首飾りのどこに首を通すのかが分からなかったのですけれど、リボンをつけて着用するんですね。今までの疑問が解けました笑(*ノωノ)

 

マリー・アントワネットが処刑されていた時に着用していた肌着と靴

これは、レプリカか本物か忘れてしまいました。。どちらも質素なものでした。

 

マリー・アントワネットが愛用していた日本漆器

日本漆器のコーナーがあるとは思ってもみなかったので、印象的でした。マリー・アントワネット漆器が好きだったことも意外です。

 

マリー・アントワネットとフェルゼンの手紙

2人は暗号を使いながら文通をしていたそうです。暗号表や直筆の手紙を見ることができました。

 

 

混雑はしていましたが、展示はとても興味深かったです。行くことができてよかったです!