ぼっちヅカファンゆっこの遠征記録

中部地方に住む宝塚ファンの観劇日誌です。

マリー・アントワネット展(六本木)に行ってきました。

うわ、お久しぶりです。。ブログ放置してしまいました。。

 

ブログは放置してしまいましたが、私は観劇したり、発表された先行画像やグラフの表紙にウハウハして、あいかわらずヅ活動は積極的に行っていました。(GRAPH買いました!表紙の望海さん美しすぎ!)

 

で、放置していたネタを書かせていただきますね。先日、六本木の森美術館で開催されているマリー・アントワネット展に行ってきたので、それの感想を書かせていただきます。まぁここは宝塚ブログなのですが、ベルばらとか宝塚とフランスは縁がありますしね汗

f:id:gekko638:20170107162045j:image

 (ちなみにこれを見に行ったのはお正月に帰省した時です。。ネタ古すぎるし展覧会終わってるし。。)

 

感想を書くのは遅くなってしまったのですが、私、宣伝を見たときからこの展覧会に行きたくて行きたくて仕様がなかったのです。

 

お正月ということもあってかとても混んでいました。私が行ったときは入場制限などがかかっていて、入るだけで一苦労でした。名古屋に比べてやっぱり東京は込み具合が段違いですね~。

 

印象に残っている展示をいくつか。

ヴェルサイユ宮殿の一部を再現

マリー・アントワネットが生活していた部屋の一部が完全再現されています!しかも写真もOKとのことでテンション上がりまくりです!また、図書館はプロジェクションマッピング?のようになっていて映像で再現されたものを楽しむことができます。本展覧会はヴェルサイユ宮殿の監修ですから、完成度もとても高いのではないかと思われます。

 

・「首飾り事件」の首飾りのレプリカ

レプリカなのですけれど、目に入った時に「息をのむとはまさにこのことだな」と思うほどまばゆくて立派な首飾りでした。あと、私今までこの首飾りのどこに首を通すのかが分からなかったのですけれど、リボンをつけて着用するんですね。今までの疑問が解けました笑(*ノωノ)

 

マリー・アントワネットが処刑されていた時に着用していた肌着と靴

これは、レプリカか本物か忘れてしまいました。。どちらも質素なものでした。

 

マリー・アントワネットが愛用していた日本漆器

日本漆器のコーナーがあるとは思ってもみなかったので、印象的でした。マリー・アントワネット漆器が好きだったことも意外です。

 

マリー・アントワネットとフェルゼンの手紙

2人は暗号を使いながら文通をしていたそうです。暗号表や直筆の手紙を見ることができました。

 

 

混雑はしていましたが、展示はとても興味深かったです。行くことができてよかったです!

「グランドホテル」を見に行きました。2

こんにちは。

 

以下、グランドホテルの感想の続きを書きますね。ネタバレ注意です。

 

 

・珠城りょうさん(ガイゲルン男爵)

か、かっこよかった。。(/ω\)

私、今回の珠城さんの声の役作り素敵だったと思います!大人っぽくて低めで、かっこよかったです。。!

オットーとかと話している男爵もかっこよかったけど、グルーシンスカヤと話している珠城さんがかっこよかったなぁ(*´ω`)ああいう感じで「待っているよ。腕いっぱいにバラを抱えて!」とか言われたいです!セリフ可愛すぎか!!(*ノωノ)(*ノωノ)

 

あと、男爵のキャラが珠城さんにあっているように感じました。男爵は、確かにホテル代金が払えず軟禁状態になっていたり、フラムシェンに対してチャラ男を発動させていたりするようなキャラクターです。ですが、グルーシンスカヤにネックレスを盗みに来たことを正直に白状したり、オットーに金の煙草ケースを返してあげたりと誠実な部分もある人なんですよね。私、珠城さんはまじめな方だと勝手に思っているので、そういうところが重なって見えました。

 

・愛希れいかさん(グルーシンスカヤ)

ダンスが神の愛希れいかさんがバレリーナ役!!

 

お芝居からなんといいますか、貫禄のようなものを感じました。余談ですが、私、愛希さんのことミュージカル女優みたいって思うことがあるんです。宝塚ではなくてミュージカル女優。伝わりますかね??

 

グルーシンスカヤは39歳と39か月で、愛希さんご本人の年齢とはかけ離れているでしょうに、それくらいの年齢に見えるくらい大人っぽかったです!ベテラントップ娘役の愛希さんのなせるわざですよね~。

 

あと、印象に残っているのは、男爵と恋に落ちた後に歌う、ボンジュールアムールの曲です。(正式名称わからない。。)グルーシンスカヤの喜びにあふれている感じが伝わて来て、もう本当に素敵で聞きほれました(*´ω`)この場面よかったなぁ。

 

余談なのですが、バレリーナ衣装を着ているちゃぴさんがやせすぎていてびっくりしました。薄い髪色とひっつめの髪型も影響しているのかと思いますけれども、わいびっくりしてしもうたよ!あんなにやせているのにダンスはキレキレですし力強く歌われるし、脱帽です!

 

・美弥るりかさん(オットー)

初演のグランドホテルは主役がオットーで涼風真世さんが演じられたそうですけれども、この役をトップスターがやったんですね。ラインアップが発表されたときに映画を見たのですけれども、映画よりも弱弱しさが強調されているように感じました。(もはや映画うろ覚えで自信がないのですが。。)

 

気弱なキャラなのですけれども、オットーは本当にいい人なので観劇しながら感情移入してしまうのです。

 

印象に残ったのは、オットーが男爵からもらった金のシガレットケースをエリックの子供にあげる場面です。世代の移り変わりを象徴しているようで素敵でした。そういう気前がいいオットーが素敵!

 

あと、オットーが言われる「人生はホテルにあるのではなく人の中にある」というセリフが印象的でした。人は生きていると、いろいろな人(客)と会い仲良くなったりもしますが、卒業や転職などでそのコミュニティ(ホテル)から離れると、たいていの人とは二度と会うことがありません。生きて入れば、そのような出会いと別れがたくさんあるでしょうけれども、人生というのはただそれを物理的に繰り返すのではなく、出会った人の心の中に残ることができるような人間関係を築くことで豊かになる、ということでしょうか。

 

・朝美絢さん(ラファエラ)

中性的なラファエラだったと思います。男と言われれば信じてしまいそうな役作りでした。きっとまじめな性格でバリバリ仕事をするタイプの女性なのかなと感じました。

 

口調などは少し厳しそうな感じを受けるのですが、いろいろグルーシンスカヤの面倒を見ていて優しい人なのだろうと思いました。

 

急に、公演をキャンセルしたりしてしまうグルーシンスカヤと真面目なラファエラはいいコンビなのかもしれません( *´艸`)

 

・エリック(暁千星さん)

ラファエラのほうが出番は多いですけど、エリックもお芝居の重要人物ですよね。奥さんの出産状況を聞いてあたふたしている感じ演技がよかったと思います。

 

あと、エリックの近くにいる受付嬢たち!かわいすぎです~!!(/ω\)受付嬢の演出がおしゃれでした。

 

・海乃美月さん(フラムシェン)

かわいかったーー!(/ω\)なんとなく話し方が吹き替えドラマのような話し方に聞こえて、それがまたお芝居と会っていてよかったと思います。特にオットーをダンスに誘う場面とかがかわいかったです。

 

 ・華形ひかるさん(プライジング)

久しぶりにお姿を拝見した気がします。。中日の風共以来かも。

 

でもなんだか、セクハラおやじの役でしたね笑。映画でもプライジングさんってこんなキャラでしたっけ??レビューでは、いい立ち位置でしたね。

 

・その他

観劇していて、このお芝居はモブの人たちが存在感あるなぁと思いました。お芝居前半の総並びになる場面(前回の記事で銀橋使えばいいのにって書いた場面です)や、ダンスをする場面など、「こんなに団員がいたんだ!」と驚きながら見ていました。ほかにも、メインキャストがお芝居をしている間、ホテルのスタッフ役の人たちが陰から見ているんですよね。この人たちは、セリフがないかもしれませんが、このように要所要所で存在感を示すことで、多くの人が行き来するホテルの舞台の再現度を高めているのかもしれないなと思いました。

 

このお芝居は、音楽も素敵ですし、キャラクターがそれぞれの背景を抱えていたりなど設定も凝っているので、見るたびに、感想が深まっていきそうです。役変わりもありますしね。1回しか見られなかったのが残念でなりません(´・ω・`)近くに住んでいらっしゃる方がうらやましい限りです!

「グランドホテル」を見に行きました。

こんにちは!

 

先日、月組公演「グランドホテル」&「カルーセル輪舞曲」を見てきました。珠城りょうさんのトップスター大劇場お披露目公演です。

 

で、これを見に行ったのが前の土日だったのですが、ご存知の通りの大雪で。。!!学割の当日券狙いだったので日にちをずらそうかとも思いましたが、今からだとマチソワともに通常公演なのは15日だけだったんです。。なので意を決して外出することにしました。

 

私はいつも経費削減のために通常電車に乗っていくのですが、この日は家を出たのが朝5時30分くらいでした。(宝塚のためなら早起きできる人なんです笑)外を出たら、まだ真っ暗だったのですが、街頭の光の中、雪が舞っているのが本当に美しかったです。他にも、暗く雪が降る中電車がホームに来るところとか。確かに寒かったのですが、たまにはこういう風景も素敵ですよね。

 

と、思っていたら、電車がやはり遅延。。(40分)

 

他にも快速に乗るはずが鈍行に乗ってしまったりなど、ミスをしてしまい、劇場についたときには開演の音楽が鳴っていました。駅から走ってきたのでぜえぜえしながら立ち見を買って、中に駆け込みました。ギリギリセーフでした~(>_<)

 

f:id:gekko638:20170118231117j:image

 開演前は時間がなかったのでこれは幕間にとりました笑

 f:id:gekko638:20170118231153j:image

ルーセル輪舞曲はモンパリ90周年を記念したレビューなので、パリゼットの羽根飾りが展示されていました。近くで見ると想像以上に大きくてびっくりしました。かぶってみたい( *´艸`) 

 

f:id:gekko638:20170118231201j:image

○GRAND HOTEL

 ちなみに役変わりは

ラファエラ 朝美絢さん

エリック 暁千星さん

フラムシェン 海乃美月さん

でした。

 

結局、苦労して見に行ったのですが、天気があまり良くなかったので大事を取ってマチネしか観劇しなかったのです(ちなみに帰りはそれほど電車遅れませんでした)なので、浅い感想しか書けないと思いますが悪しからず。。急にプランを変えられるのはぼっちのメリット!( `ー´)ノウェーイ!!

 

そして、グランドホテルですが、

 

よかったですーー!!!!!!

 

劇中で事件は起こるものの、基本的にはホテルに宿泊しているお客さんやスタッフの群像劇なんです。なのですけれども、見終わった後にむくむくっと前向きになれるような気がする素敵なお芝居でした。

 

あと、雰囲気がおしゃれです!まず主題歌がいいですね!1928年のベルリンが舞台なのだそうですが、全体的にクラシックな雰囲気が漂っていて素敵でした。ポスターみたいにセピア色の世界観なんですね。輪っかのドレスを着るような「THE 宝塚!」という世界観ではないのですが、こういうシックな雰囲気もいいですよね~。

 

そして、登場人物がそれぞれの背景を持っているので、何度も見たいという衝動に駆られます笑。役変わりもありますしね。もし劇場がもう少し近かったら絶対もう一度見に行くのに!!

 

ほかに気になったことなのですが、今回は銀橋はつかわないんですね。最後に珠城さんがわたるだけです。大人の事情なのでしょうか??「今銀橋使えばいいのに~~!!」と思う箇所がいくつかありました。最初のほうの主要人物が電話をかけている場面の後に総並びになるところとか。あと場面変化も少なかったですね。

 

 

書いているうちに長くなったので個別の方の感想は次記事に書かせていただきます!

 

 

 

水樹奈々さん「NANA MIZUKI LIVE ZIPANGU 2017」に行ってきました。

こんにちは!

 

唐突なのですが、私、声優・歌手の水樹奈々さんが好きなんです!(/ω\)昔は結構アニメなどを見ていてその時に好きになりました(*´▽`*)近頃はアニメを見たりなどはしないのですが、水樹奈々さんのファンは続けている感じです。

 

ちなみに、水樹奈々さんは時々宝塚を観劇されているそうです!(好きな人が好きなものを見ている。。!!)また、今年の夏にはミュージカル「Beautiful」にも出演されるそうです。帝国劇場で行われるそうですが、観に行ける方がうらやましいです(´・ω・`)

 

そして、今、水樹奈々さんの全国ツアーが行われているのですが、なんと初日は、地元名古屋の日本ガイシホールなんです!幸運なことにもチケットが当たったので初日と2日目に行ってきました!

f:id:gekko638:20170109204956j:image

かわいいよーー!!!!!

 

物販横に水樹さんのパネルがありました(/ω\)ちなみに、物販でグッズを買うと水樹さんのカードがもらえるのですが、私、レアカードが当たりました(自慢)

 

f:id:gekko638:20170109004807j:image

 初日なので、「開幕」という文字が飾ってありました。これを撮影するためだけの列ができていました( ゚Д゚)

 

 

で、感想ですが、

とても楽しかったですー!!

 

やっぱり水樹奈々さんは超絶歌うまですし、MCの時はかわいいです!!曲もかっこいい曲から可愛い曲までバラエティ豊かでした!

 

そして、本当にあっという間の3時間でしたー!あっという間すぎて、最後の曲になった時に本当にびっくりしました。。

 

始まったばかりのツアーなので、感想はあまり書かないことにしますが、企画コーナーがすばらしくて、聞きほれてしまったことは書いておきたいと思います!

 

 

 

楽しいライブで参加することができて本当に良かったです(*´▽`*)

 

当日券に並んで金色の砂漠2回目を見てきました。

こんにちは!

 

前回に引き続き観劇の感想を書きます。

 

gekko638.hatenablog.com

 

☆金色の砂漠

まず些細なことなのですが、タルハーミネがギィを踏み台にするシーンってクッション追加されてません??他にも、お芝居の口調が違うように感じたりなど、変更点があったように感じました。1回しか見ていないので自信がありませんが。。

 

あと、1回目の時は、「ギィの行動に共感できない!」のような感想が強かったのですが、今回見て、「いろいろと歯車がくるってしまった結果なのだろう」という印象を受けました。2回見ることでより理解が深まったかもしれません。(宝塚で見るときは朝が早いので睡眠不足なことが多いのです(;・∀・))

 

今回の観劇で個人的にぐっときたのは、ギィが国を侵略してきたときに、ビルマーヤ含む王族の人々を守るためにジャーがギィと戦う場面です。奴隷仲間でありかつ兄弟であるのに戦うことになる運命というのが切なくないですか??

 

この場面を見ていて思ったのですが、このお芝居で一番共感できるのはビルマーヤ&ジャーかもしれません。(ゴラーズさんも!)ビルマーヤはゴラーズさんが3人分(ゴラーズさん、ビルマーヤ、ジャーの分)の水を持ってきてくれた時に、ゴラーズさんとの結婚を決めるんです。ビルマーヤとジャーは相思相愛かもしれませんが、身分差やしきたりのために結婚することは不可能。それならば、今までの関係を保持できる人と結婚するし2人の互いへの思いは表向きにはしない、という現実的な選択肢を取るところに親近感を覚えるのかもしれません。

 

一方で、ギィは理想追求型の人間です。ジャーのような妥協策を取るぐらいなら、タルハーミネを好きだと思ったら関係を持つし、タルハーミネを恨めば復讐をするというようにどんどん行動をとっていきます。でも、私はギィのように自分の欲望に忠実でいることができる人間ではないのです。私がギィだったら要所要所で「このタイミングで関係を持ったらやばくね」とか、「復讐してもなんか空しいし」等々いって話が進まないでしょう笑。なのであまり共感できなかったのだと思います。

 

そのような対照的な2人が戦う場面が切なくて切なくて。。同じ出自なのに考え方の違いで敵対するようになってしまったというのが、またね。。特にジャーの心境を考えるとじわっときました。。

 

そして、ギィは国を奪い返すことに成功はしますが死んでしまうのに対し、ジャーとビルマーヤは生き延びるし共に生活を続けるというのが、深いなと思いました。この場面で、ジャーが「ビルマーヤに対する思いは恋愛感情から家族に対する情のようなものに変わってしまった」といったことを言いますよね。私は、まだそのようなことを言う年齢にはないのですが、このセリフが妙に納得できて、印象深いシーンでした。

 

あと、話は変わるのですがテオドロスは最後あっさりとしてません??タルハーミネがギィと関係を持った時なども、フォローしていたりなどしていたのに最後はあっさりと引き下がりましたね。まぁ少し気になった程度なのですが。

 

 

1回目を見たときは、正直それほど好みの話ではないかなと思っていたのですが2回みると理解が深まったり思うところが増えたりしてお芝居の感想が変わりました。複数回見ることができて本当に良かったです。そして、東京でも当日券が意外と買えるということが分かったので、機会があればまた挑戦したいと思います(´艸`*)

 

当日券に並んで雪華抄/金色の砂漠を見てきました。

あけましておめでとうございます!

 

さてさて、私は年末年始は関東に帰省していました。関東にいるならば、花組公演を見に行きたいと思い、当日券に並んでみてきました(*'▽')狙いは1/4の15時30分公演です!

 

ですが、当日起きられない&家が東京宝塚劇場から遠いということもあって、劇場に到着したのは9時50分ごろでした。できればもっと早く到着していたかったです💦後悔(;´・ω・)

 

15時30分の当日券は10時からの販売だそうですが、すでに40人ぐらいの方が並んでいました。東京はチケットがとりにくいというイメージが強かったのでもう少し人が並んでいるかなと思いましたが、意外と少なかったです。

 

10時になると、当日券の販売が始まり、徐々に列がはけていきました。私の番になると、当日BB席が5-6席残っていました。私は学割の立ち見券(1000円)がほしかったのですが、座席が売切れてからでないと立ち見は出ないということでした。結局BB席を買ったのですが、あとから見てみると私の後ろにそれほど人が並んでいなかったので、並びなおして立ち見を買えばよかったかもしれません(;´・ω・)列に並んでいるときって、自分の前に何人いるかは見ているのですが、後ろにどれぐらいならんでいるかはみていないものですね(;・∀・)けち臭い話ですみません。。あと、私が当日券を買った後でも11時公演の立ち見はまだ販売されていました。何列目の立ち見でも構わないとおもったらそれほど早く来る必要はないのかもしれませんね。

 

当日券を買った後は、移動をして地元のお友達とランチをしました。(おいしいパエリアを食べました☆)いやー、15時30分の公演だから時間に余裕があると思いましたが、話したりませんでした。話も盛り上がっていたのに、宝塚のために早めに退席したので、人間関係よりも趣味を取る人のようになってしまいました。。次回は、余裕をもってプランを練りたいと思います!

 

そして、有楽町に戻ってきて、いざ観劇!!

f:id:gekko638:20170107001530j:image

 お正月なので門松が飾ってありました。ごてごてした門松が宝塚らしいですよね笑

 

f:id:gekko638:20170107001543j:image

 お正月用のポスターも飾ってありました。三が日までに行くとこのデザインのポストカードがもらえるみたいです。

 

以下にざっくり感想を書きます。

 

☆雪華抄

やっぱりチョンパが素敵でした!チョンパの時に「うわー(*´▽`*)」というお客さんが息をのむ声が聞こえたような気がします笑

 

個別のシーンの感想は前回の記事で書いたので印象に残った場面を描きますが、やはり鷲と鷹のシーンはかっこよかったです!!明日海さんも柚香さんも美しすぎ。。(/ω\)

 

あと、やはり波の場面です。1回目に見たときは、スターの皆さんが銀橋でソロ歌を歌っていることばかりに気を取られていましたが、この場面が素敵なのは、やはり大人数のコーラスとダンスがあるからこそですよね。人数の多い宝塚ならではの魅力だなと思います(*´ω`)

 

あと、今回の雪華抄をみて、これはお正月用のレビューなのだなということを実感しました。夏祭りや七夕、冬の場面もあるのですが、松本悠里さんの2回目の日舞の後あたりで春の場面になりますよね。その場面の見目麗しいことといったら!!音楽も素敵です!鮮やかな着物を着たジェンヌさんたちが総踊りしているのを見ると、和物ですしお正月にふさわしい華やかで素敵なレビューだなとしみじみ思いました。

 

金色の砂漠の感想は長くなってしまったので次記事に書かせていただきます! 

 

2016年で印象に残った宝塚お芝居3選

こんにちは!

 

前回に引き続き今回は、私の独断と偏見で印象に残ったお芝居を3つ選んでみたいと思います。レビューよりも見た数が多いので選ぶのが大変です。。

 

前回と同様↓の記事の中から選びました。

 

gekko638.hatenablog.com

 

For the people リンカーン 自由を求めた男

轟理事がご主演のリンカーンを題材としたお話。このお芝居は、全席一律のお値段だったのですが、私の席は前方かつ通路側でした。私は普段よくてもA席でしか観劇しないのであまりの近さに感激しました。私史上一番近い席での観劇でした笑。あと、通路側だったので、お芝居冒頭に柚香光さんが走り抜けていって。。!!かっこよかったです(n*´ω`*n)

 

そして、演目が発表された時から思っていたのですが、轟さんがリンカーンにはまり役でした!お芝居が進むにつれて年齢が上がっていく様子がよくわかるなと思ったことを覚えています。やはり理事の男役かっこいいです(*´ω`)そして、仙名彩世さんのお芝居もとてもステキ!若い時のメアリーのお芝居があまりにかわいらしくて人形かと思いました(違う)実力派タックの主演コンビでした~!

 

そして、なんといってもエルマーを演じた水美舞斗さん!!もう、笑顔が素敵だし好青年過ぎて!お芝居の随所からエルマーの性格の良さやリンカーンを慕っている気持ちが滲み出ているんです。また、エルマーは南北戦争に行って戦死してしまうのですが、そのシーンのダンスは圧巻です!戦士の場面なども後ろ向きに階段から倒れるなど体を張っていらっしゃいました。うう、水美さんかっこよすぎです。。

 

また、お芝居の場面として印象に残ったのは、亜蓮冬馬さん演じるボビー(リンカーンの息子)が南北戦争に行くと両親に宣言する場面です。ボビーの南北戦争へ行くという強い意志や、エルマーとボビーに対するリンカーンの葛藤などを想像すると涙が出ました。

 

あと、印象的だったのは階段に布を敷いて星条旗にするという演出です。役者さんたちが赤い布を階段に敷いて星条旗を作るのですが、最初何を意味しているのか分からず、「星条旗だ!」と分かった時にすっきりしました笑。宝塚ではフィナーレの時に階段をおりてくるというのが定石だと思うのですが、このお芝居では階段が星条旗になっているので階段降りはしないで袖からジェンヌさんが順番に出てきてフィナーレをしているのが感慨深かったです。

 

こうもり

同じく星組の「桜華に舞え」とどちらを入れるか迷いましたが、こちらを3選に入れます。こうもりはオペレッタということで、普段の宝塚のミュージカルとは趣が異なるのですがとてもステキな作品でした!

 

こうもりは、上品で、華やかで、面白くて、素敵な歌が聞けて、と私が宝塚に求めている(上からな表現すみません💦)要素がたくさん含まれていて、観劇してから1週間以上夢心地でした笑。

 

まず、黒燕尾の男役さんと娘役さんがダンスするプロローグから素敵すぎて心奪われました(/ω\)ほかにも、へっぽこ弁護士のせいで懲役がのびたり、執事が主人と間違われて逮捕されたり、懐中時計の下りなど楽しかった場面は挙げればきりがありません!!観劇中、とても笑った記憶があります。

 

ローマの休日

ローマでちぎみゆがイチャイチャするお話です笑。お芝居の中で、ジョーとアン王女がローマ観光をしたりご飯を食べたりするのですが、もう見ているほうがにやにやしてしまいます(/ω\)

 

そしてやっぱり咲妃みゆさん演じるアン王女が可愛すぎです~!(>_<)本当にゆうみちゃんのお芝居素敵です!なんだかんだで世話焼きのジョーとお嬢様育ちなのか天然なのかのアン王女って、ちぎさんとゆうみちゃんに似ている気がして( *´艸`)最後の記者会見の場面も名シーンでした☆

 

詳しい感想は過去記事にあるので探してみてください笑

 

番外編 エリザベート

再演ものなので、番外編ということでエリザベートを選びました。今年は日本初演20周年だったそうですけれど、幸いなことに宝塚版も東宝版も観劇することができました。宝塚版はほぼ根性でチケット手に入れましたが笑。普段のにこにこしたイメージとはまた違った魅力で素敵だったまぁさまトートに、やっぱり最高の実咲シシィ、包容力と優しさが半端なかった真風フランツなどなど本当に素敵なキャストでした。エリザベート好きー!!

 

 

ふぅ、一気に書き上げました。。

 

それではみなさんよいお年を!(*'▽')